SNMP 通信属性

[属性エディタ]ダイアログ ボックスの[SNMP 通信]フォルダの属性の値を変更することによって、SNMP 通信全体を調整できます。 sp とデバイスとの通信方法を定義する属性を以下に示します。
casp1032
[属性エディタ]ダイアログ ボックスの[SNMP 通信]フォルダの属性の値を変更することによって、SNMP 通信全体を調整できます。
DX NetOps Spectrum
とデバイスとの通信方法を定義する属性を以下に示します。
  • SNMP コミュニティ文字列
    SpectroSERVER
    がネットワーク上のデバイスと通信する際に使用します。
  • [DCM タイムアウト (ミリ秒)]
    ポーリング エージェントがデバイスからのレスポンスを待機する時間(ミリ秒)。この時間を経過してもレスポンスがない場合、タイムアウトします。
  • [DCM 再試行回数]
    DCM タイムアウト値が経過した後、
    SpectroSERVER
    がデバイス通信の確立を再試行する回数を指定します。
  • [ポーリング間隔 (秒)]
    DX NetOps Spectrum
    がデバイスをポーリングする間隔(秒)。
    この数を増やすと、ネットワーク上の SNMP 関連のトラフィックが減って、
    SpectroSERVER
    の負荷が軽減されます。 ミッション クリティカルなデバイスとインターフェースでこの数を減らすと、OneClick で表示されるデバイスの情報の更新頻度が多くなります。 これによって、ネットワーク上の潜在的な問題を、それがパフォーマンスに影響を及ぼす前に検出できる能力が高まります。 ポーリング間隔を短くすると、
    DX NetOps Spectrum
    が生成する SNMP ネットワーク トラフィックが増えます。
  • [ログごとのポーリング回数]
    ログごとのポーリング回数。 値に 3 が設定されている場合、ポーリング 3 回に 1 回の割合でデータがログに記録されます。