MPLS Transport Manager

MPLS Transport Manager は、MPLS コア ネットワークの稼働状況を監視するユーティリティです。 継続的に MPLS 環境を監視することで、潜在的なパフォーマンスの問題を明らかにし、カスタマに対するサービスの中断を防止して、カスタマ SLA が達成されるようにすることができます。 また、MPLS Transport Manager のデータは、MPLS インフラストラクチャへの影響の観点から停止の影響度を提供することで、MPLS ネットワーク内の問題の特定と効果的なトラブルシューティングにも役立ちます。
casp1032
MPLS Transport Manager は、MPLS コア ネットワークの稼働状況を監視するユーティリティです。 継続的に MPLS 環境を監視することで、潜在的なパフォーマンスの問題を明らかにし、カスタマに対するサービスの中断を防止して、カスタマ SLA が達成されるようにすることができます。 また、MPLS Transport Manager のデータは、MPLS インフラストラクチャへの影響の観点から停止の影響度を提供することで、MPLS ネットワーク内の問題の特定と効果的なトラブルシューティングにも役立ちます。
MPLS データを監視するときの主な課題は、データの正確さを維持することです。 変更は MPLS ネットワーク内で動的に発生し、LSP とそれに関連するパスは特定のネットワーク条件下で頻繁に変化する可能性があります。 MPLS Transport Manager は、これらの変更を保持し、LSP とパスの現在の状態を正確にモデリングします。 MPLS Transport Manager は、プロビジョニングされたすべての LSP とパスを完全に把握し、LSP とそのプライマリ パスおよびセカンダリ パスとの関係を認識しています。
MPLS Transport Manager には
DX NetOps Spectrum
のインターフェースからアクセスします。 MPLS Transport Manager は、複数のベンダーによる MPLS の実装をサポートし、独自のテクノロジと標準ベースのテクノロジの両方をサポートします。
MPLS Transport Manager を使用する必要があるユーザ
MPLS は何百もの標準によって定義された広範なテクノロジであり、今でも成長を続け、ますます複雑なネットワーク システムとサービスをサポートするようになっています。 MPLS Transport Manager は、TE MPLS 環境のみを対象としています。 このタイプの MPLS 環境があり、顧客の SLA に準拠する必要がある場合は、MPLS Transport Manager を使用して、デバイスの停止と MPLS ネットワークへの影響を監視し、効果的にトラブルシューティングできます。
システム要件
MPLS Transport Manager は、
DX NetOps Spectrum
内で動作するアドオン アプリケーションです。 実行中の SpectroSERVER インストールに加えて、MPLS Transport Manager には以下が必要です。
  • MPLS ハードウェアに実装および設定された適切な MIB:
    DX NetOps Spectrum
    にはすべての必要な MIB が付属しています。
    • MPLS-TE MIB (Cisco デバイス)
    • Juniper TE MIB (Juniper デバイス)
    • TIMETRA-MPLS-MIB (Alcatel デバイス)
  • Cisco、Juniper、および Alcatel ルータ用のモジュールを管理します。
    これらのモジュールのデバイス モデルでは、MPLS 環境のディスカバリに必要な必要なアプリケーション モデルを使用します。