リモート オペレーション スイート

内容
casp1032
リモート オペレーション スイートの概要
リモート オペレーション スイートは、
DX NetOps Spectrum
リモート展開の展開済みコンポーネントです。 リモート オペレーション スイートは、標準的な
DX NetOps Spectrum
管理能力をすべて提供するスタンドアロン
DX NetOps Spectrum
管理システムです。 これらの機能には従来のフォールトトレラント
DX NetOps Spectrum
管理が含まれます。
リモート オペレーション スイートは、リモートまたはモバイルの限定的環境での操作をサポートします。 リモート コンポーネントは、リアルタイムまたはオンデマンドのネットワーク トポロジを提供するため、指定された Central SPECTRUM サーバと通信します。 リモート オペレーション スイートは、信頼性の低い帯域幅通信リンクまたは制限された帯域幅通信リンクを介して、管理対象リモート サイトやモバイル ネットワークの動作ステータスの配信も行います。
より高速の通信リンクが容易に利用できる環境では、従来の
DX NetOps Spectrum
分散型アーキテクチャを展開してください。
リモート オペレーション スイートは、以下の機能を実行します。
  • ネットワーク管理者は、リモート サイトまたはモバイル サイトでローカル ネットワーク インフラストラクチャを管理することができます。
  • 標準的な
    DX NetOps Spectrum
    管理機能をすべて提供します(ネットワーク ディスカバリ、根本原因解析、影響度分析、アラーム/アラートの発行など)。
  • グローバル ネットワーク オペレーションまたはセントラル コマンドにある別の
    DX NetOps Spectrum
    展開に接続して、リモート ネットワークのインベントリおよび稼働ステータスをリアルタイムに提供します。
  • 管理者は、制限のある(そして多くの場合は高価な)帯域幅の通信リンクの影響を低く抑えるため、リモートサイトからセントラル サイトに送信する情報を決定することができます。
次のアーキテクチャは、リモート オペレーション スイート展開を示しています。
Remote Operations Suite deployment.png
リモート オペレーション スイートは OneClick コンソールを使用します。 OneClick の詳細については、「OneClick の使用」を参照してください。
リモート オペレーション スイートには、以下のコンポーネントが含まれています。
  • リモート オペレーション サーバ
    リモート オペレーション スイート展開のリモートで展開した
    DX NetOps Spectrum
    のインストールです。 リモート オペレーション サーバは、サーバが管理するネットワークの障害管理や根本原因解析など、従来のフォールト トレラントな
    DX NetOps Spectrum
    管理を実行する軽量スタンドアロン
    DX NetOps Spectrum
    管理システムです。 リモート オペレーション サーバは、インストールされたリモート オペレーション コネクタ コンポーネントを介して、指定された Central SPECTRUM サーバと通信します。 このアーキテクチャでは、信頼性の低い帯域幅通信リンクまたは制限された帯域幅通信リンクを介して、ネットワーク トポロジおよび運用アラームのステータスを配信できます。
  • Central SPECTRUM サーバ
    Remote Operations Manager コンポーネントが含まれる
    DX NetOps Spectrum
    の個別のインストールです。 このコンポーネントは、リモート オペレーション サーバからの新規接続をリスンします。 Remote Operations Manager コンポーネントがインストールされた持った 1 台の Central SPECTRUM サーバは、複数のリモート オペレーション サーバと統合できます。 統合サーバにより、リモート オペレーション サーバのユニバース階層内にある管理対象エレメントの検出と監視が可能になります。
    Central SPECTRUM サーバ上の Remote Operations Manager コンポーネントは、接続されたすべてのリモート オペレーション サーバ上の Remote Operations Connector コンポーネントと通信します。 リモート サーバは、現在のトポロジ データをすべて転送するようにコネクタに指示します。 各 Remote Operations Connector コンポーネントは要求された情報を受信し、トポロジ データを Central SPECTRUM サーバ上の Remote Operations Manager コンポーネントに返します。そこで、トポロジはデータベース内にモデリングされます。
リモート オペレーション スイートにおける分散の概念
リモート オペレーション スイート環境の分散機能は、従来の
DX NetOps Spectrum
環境の分散機能とは異なります。 リモート オペレーション スイートには、分散展開をサポートするための独自機能が搭載されています。
従来の DSS (
DX NetOps Spectrum
Distributed
SpectroSERVER
)環境は、複数の
DX NetOps Spectrum
サーバを展開し、
SpectroSERVER
またはランドスケープと呼ばれる場合があります。 各
SpectroSERVER
は、ネットワークの別の部分を管理します。 このような環境では、OneClick コンソールを使って、集約ポイントとして、ネットワーク全体の結合ビューまたはロールアップ ビューを表示できます。 OneClick は、分散環境内の各
DX NetOps Spectrum
サーバに対して、監視機能と管理機能を提供します。 フォールト トレランスのためにプライマリおよびセカンダリ
DX NetOps Spectrum
サーバを指定することもできます。
以下のアーキテクチャは、従来の
DX NetOps Spectrum
分散展開を示しています。
CA Spectrum distributed deployment.png
リモート オペレーション スイートを使用すると、一連のリモートまたはモバイル ネットワーク デバイスを管理するため、複数のリモート オペレーション サーバを展開することができます。 指定されたプライマリ Central SPECTRUM サーバにインベントリ情報(たとえば、デバイスおよびインターフェース情報)と関連するアラーム データを転送するように、各リモート オペレーション サーバを設定できます。 プライマリ Central SPECTRUM サーバは、複数のリモート オペレーション サーバの集約ポイントとして機能します。 セントラル サイトの管理者は、リモート オペレーション サーバから転送された情報を 1 つずつプライマリ Central SPECTRUM サーバに表示することによって、そのすべての情報にアクセスできます。
フォールト トレランス機能は、分散リモート オペレーション設定でもサポートされています。 プライマリ Central SPECTRUM サーバとバックアップ Central SPECTRUM サーバの両方に接続する各リモート オペレーション サーバを設定できます。 トポロジ データおよびアラーム データはすべて、プライマリ Central SPECTRUM サーバに転送されます。 プライマリ セントラル SPECTRUM サーバへの接続が失われると、リモート オペレーション サーバは指定されたバックアップ セントラル SPECTRUM サーバに、完全なトポロジとアラーム更新を自動送信します。 次にリモート オペレーション サーバは、バックアップ サーバへのアラーム情報の転送を開始します。 プライマリ Central SPECTRUM サーバへの接続が復元されると、バックアップ Central SPECTRUM サーバへのデータ転送が停止します。 リモート オペレーション サーバは、プライマリ セントラル SPECTRUM サーバに完全なトポロジとアラーム更新を送信し、通常のアラーム転送を再開します。
次の図は、分散リモート オペレーション展開を示しています。
Remote Operations deployment.png
リモート オペレーション環境における管理の可視性
リモート オペレーション サーバがネットワーク アセットを直接管理している場合は、デバイスについて収集されたすべての情報に対して、
DX NetOps Spectrum
がその情報を収集するために使用するさまざまな方法に関係なく、アクセスできます。 そのため、直接管理は従来の
DX NetOps Spectrum
サーバによる管理と同等です。 デバイスがリモート オペレーション サーバによって管理され、接続された Central SPECTRUM サーバで情報を表示した場合、使用可能な管理データに関して、違いが明確になります。
リモート オペレーション サーバがそのトポロジを指定された Central SPECTRUM サーバに転送するとき、デバイスは Central SPECTRUM サーバに「軽量」モデルとして表されます。 リモート オペレーション サーバを使用してオペレータがローカルで確認すると、同じモデルは「完全」モデルで、完全なローカル可視性を提供します。 しかし、Central SPECTRUM サーバは、これらのデバイスに関する必要不可欠な情報を表示するだけです。 管理対象デバイスとそのサブコンポーネントも明確に識別できます。 さらに、管理対象アセットに影響を与えるアラームはすべて、リモート オペレーション サーバから Central SPECTRUM サーバに転送できます。
リモート オペレーション スイートは低速で信頼性の低い接続を介して作動する必要があるため、Central SPECTRUM サーバから入手できる情報は少なくなります。 したがって、リモート オペレーション サーバと Central SPECTRUM サーバ間に発生する通信は、帯域幅を節約するため最適化されます。
リモート オペレーション サーバは、管理対象のトポロジとアラームの稼働状態を Central SPECTRUM サーバでリアルタイムに表示するために必要な情報のみを伝達します。