Service Performance Manager

Service Performance Manager(SPM)では、サードパーティ製品でサポートされるパフォーマンス テストを作成、実行、および管理できます。 sp が管理するさまざまなベンダーの製品では、複数のネットワーク管理要件に対処するために独自のテストが実行されます。 たとえば、サポートされるテストのタイプには以下のような目標があります。
casp1032
Service Performance Manager の概念
Service Performance Manager(SPM)では、サードパーティ製品でサポートされるパフォーマンス テストを作成、実行、および管理できます。
DX NetOps Spectrum
が管理するさまざまなベンダーの製品では、複数のネットワーク管理要件に対処するために独自のテストが実行されます。 たとえば、サポートされるテストのタイプには以下のような目標があります。
  • テスト IT サービス配信標準 -- 配信ベンチマークを確立するために、HTTP トランザクション、ログイン検証、ファイル転送などのトランザクションをシミュレートできます。 その後、消費者へのサービス配信を測定し、現実的なサービス レベル アグリーメントを策定できます。
  • キャパシティ計画 - 消費者によるサービス要求が現在の IT インフラストラクチャの処理能力を下回っているか、超えているかについて判断するために、テストを実行します。
  • プロアクティブな障害管理 -- サービス配信の低下傾向を、顧客へのサービスに影響する前に正確に示すことができます。
このセクションのトピックでは、パフォーマンス テストを設定および実行できる Service Performance Manager コンポーネントについて説明します。