Aruba WLC およびフォールト トレランスのサポート

casp1032
個別のネットワーク サービスおよび集計層を持つ大規模なキャンパス WLAN では、マスタ コントローラで AP と AM を終了できません。 AP と AM を終了できるのはローカル コントローラのみです。 この管理スケーラビリティの問題を解決するために、1 つのマスタと 1 つ以上のローカル コントローラで構成されるクラスタに Aruba モビリティ コントローラが展開されます。 この設計は、2 つ以上のコントローラが同じネットワークに存在する場合に推奨されるモデルです。
通常、大規模展開には複数のコントローラが関係します。 複数のコントローラ ペアが存在する場合、変更制御とネットワークの整合性が問題になることがあります。 マスタ/ローカル設計を使用する Aruba ネットワークでは、設定はマスタでのみ行われ、ローカルにプッシュされます。 ローカル コントローラは Aruba オーバーレイ アーキテクチャの集約層に存在します。 これらは、AP の終了、ユーザ認証、およびポリシーの適用を処理します。 ローカル コントローラを設定する場合は、マスタの IP アドレスと、コントローラ間の通信を暗号化するために使用された事前共有キー(PSK)を知っている必要があります。 すべての Aruba コントローラ間の制御チャネルは、IP セキュリティ(IPsec)接続で保護されます。
注: コントローラには最初の起動時に事前にキーが設定されています。 マスタ/ローカル クラスタの操作をセキュリティ保護するために、最初の起動後にこのキーを変更してください。
Aruba アーキテクチャにおけるマスタおよびローカルのモビリティ コントローラの機能と役割の詳細については、「Aruba Mobility Controllers and Deployment Models Validated Reference  Design」を参照してください。
Aruba WLC のフォールト トレランス
大規模なネットワークには、マスタ/バックアップ マスタのペアと、それらをポイントする多くのローカル コントローラがあります。 マスタ コントローラに問題がある場合は、バックアップ マスタがステップインするため、引き続きネットワークで読み取り/書き込み機能を持つアプライアンスを使用できます。
マスタ/ローカルはあるものの、バックアップ マスタがない場合、ネットワークのグローバル変更ができなくなります。 ただし、ネットワークは引き続き実行できます。
この設定では、マスタが到達不能または使用不可になったときに、スタンバイ マスタが設定されていない場合、ネットワークで特定の操作を除き、引き続き予期したとおりに操作が行われます。 マスタ コントローラへの接続がリストアされるまでは、設定、RF 可視化、ロケーション サービスを実行することはできません。 設定とレポートを実行するにはマスタ コントローラが必要ですが、ネットワークには単一障害点はありません。
マスタですべての設定変更を行います。 ローカルはマスタに接続し、そこからその設定の大部分を取得します。 起動ウィザードの実行中に「スタンドアロン」を選択するだけで、接続されるローカルの認証情報を設定せずに済みます。 「スタンドアロン」コントローラは基本的にはマスタです。 マスタであるかローカルであるかに関係なく、すべてのコントローラはアクセス ポイントを終了できます。バックアップ マスタは、アクセス ポイントを終了できないマスタ コントローラです。 ユーザがネットワークで所有している読み取り/書き込みアプライアンスのみをバックアップするだけです。 マスタで多くのデータベース処理が行われるため、大規模な環境では、ユーザがアクセス ポイントを終了する必要はまったくありません。
コントローラ管理
DX NetOps Spectrum
では、役割変更(マスタからバックアップ、マスタからローカル、ローカルからマスタなどのすべての組み合わせ)を自動的に検出できます。
これにより、WLC マネージャ トポロジの関連付け変更に基づいて、「
wlsxNSwitchRoleChange
」トラップとポーリングがサポートされます。 AP は、デバイスのポーリング間隔ごとに、マスタ コントローラとローカル コントローラ関で発生した役割変更に基づいて、自動的に移動されます。設定された
役割の変更間隔期間
(デフォルトでは 24 時間)の役割変更を確認できます。ただし、次にスケジュールされているポーリング間隔はユーザが設定可能です。
  1. OneClick エクスプローラで
    [Aruba]
    ベンダー フォルダを選択し、
    [コンポーネント詳細: Aruba of type WLCVendor]
    に移動して
    [情報]
    を選択します。
  2. [コントローラ管理]
    を展開します。
    Aruba Controller management.png
  3. 以下のシナリオで、
    [今すぐ更新]
    ボタンを使用します。
    • 役割(マスタとローカル)に対してコントローラ レベルで加えられた変更と、それに伴う階層内の変更を表示する。
    • トラップが無効になっているため、切り替え(役割変更)情報と階層のマッピングが反映されないか、行われない場合。
    • 階層に変更を加えており、次のスケジュールされたポーリング間隔の前に変更を反映したい。
  4. [設定]
    をクリックし、必要なコントローラの役割の変更間隔を時間単位で設定します。