WLC マネージャ

casp1032
概要
WLC マネージャでは、ワイヤレス LAN コントローラ(WLC)モジュールのコンポーネントを、それが存在するデバイスとは関係なく検出、モデリング、および監視できるとともに、ネットワーク環境内で簡略化された方法でさまざまなアクセス ポイント(AP)を一元的に管理および設定できます。 WLC マネージャは、AP (ワイヤレス アクセス ポイント)名およびデバイスのディスカバリとモデリング、AP の接続ステータス、SNMP トラップの処理、WLC 状態の監視を提供し、AP 状態の計算とアラーム生成を行います。
WLC マネージャは、特定の WLC コントローラに関連付けられているすべてのアクセス ポイント(AP)を検出します。 中間の L2 および L3 デバイスが検出された場合は、接続が自動的に行われます。
DX NetOps Spectrum
は、一意の各アクセス ポイントを表す AP モデルを作成します。 その後、現在の稼働ステータス(稼働中または停止)についてこれらの AP モデルをポーリングできます。
さらに WLC マネージャは、CAPWAP および CISCO LWAPP (Lightweight Access Point Protocol)(一度に複数の WiFi ワイヤレス アクセス ポイントを制御できるプロトコル)をサポートしています。 これにより、大規模なネットワークの設定、監視、またはトラブルシューティングに費やされる時間を短縮できます。 このシステムでは、ネットワーク管理者が厳密にネットワークを分析することもできます。 このシステムは、さまざまな製造元および設定の RF デバイスからデータを収集する中央サーバにインストールされます。 サーバは、選択された特定のデバイス グループに対して、指定された設定を同時に適用するように指示できます。
これにより、モデリングされた各 AP でサイト間のパスのステータスを監視できます。 設定された許容範囲をパス変更が超えた場合に警告するよう、しきい値アラームを設定できます。
  • WLC デバイスをモデリング中に削除しないでください。 WLC を削除する前に、作成した(削除する WLC と関連付けられている)すべての AP モデルも削除されるように、WLC モデルがアクティブ化され、モデリングが完了するまで待つことをお勧めします。
  • 関連付けられているすべてのアクセス ポイント(AP)モデルの作成が完了する前に WLC デバイスを削除した場合は、一部のサブモジュールまたはモデルが削除されずに、ロスト ファウンド コンテナ内で見つかる可能性があります。
  • AP で DHCP IP の変更がサポートされるようになりました。以前は WLC/AP のダウン/再起動が発生した際に動的 IP が作成されると、重複モデルが作成されていました。
  • 一意の MAC ID についてモデルが作成されるようになったため、重複モデルが作成される可能性はなくなりました。
  • AP 名の変更がサポートされるようになり、更新済みの AP 名は、WLC の次のポーリング サイクル後に反映されます。
10.2 から、AP をモデル タイプ別に手動で検出したりモデリングしたりできなくなりました(以前のリリースでは AP-Pingable)。
WLC コントローラの[情報]タブに移動し、[設定]サブビューで AccessPoint ディスカバリを実行します。
10.2 にアップグレードする場合は、アップグレード後に既存のすべての AP-Pingable モデルが AccessPoint モデルとしてモデリングされます。
OneClick コンソールのトポロジ ビューに WLC マネージャを表示するには、エクスプローラ階層から WLC マネージャを選択します。
WlcManager.JPG
WLC マネージャは、特定の AP またはすべての AP をすばやく見つけるための検索を提供します。 検索結果には、環境内で設定されている現在のワイヤレス アクセス ポイントとそのステータスのリストが含まれます。
1 つの AP にドリル ダウンして、その AP に参加しているワイヤレス インターフェースの現在のリストと、アクセス ポイントの現在のステータスを表示できます。
アクセス ポイント(AP)を WLC と共に移動
10.2.2 以降、WLC マネージャには、WLC と共にアクセス ポイント(AP)を移動するオプションが含まれています。 WLC を他の任意のコンテナに移動すると、それに接続されているすべての AP はそれぞれその WLC コンテナに移動されます。 この機能より、さまざまなコンテナ間での AP の移動が自動化されます。 デフォルトでは、この値は
[はい]
に設定されています。 WLC コンテナに接続された AP を保持する場合は、この値を
[いいえ]
に設定すると、アクセス ポイント(AP)は、WLC が別のコンテナに移動しても、同じコンテナに残ります。
ワイヤレス レポート
r10.2 より、WLC マネージャ レベルで[レポートのイベント生成]オプションを有効にすることで、
DX NetOps Spectrum
ではワイヤレス AP 上で発生したイベントのレポートを生成できるようになりました。
[レポートのイベント生成]
フィールドのデフォルト値は
[無効]
です。
これらのワイヤレス レポートを有効にするには、OneClick コンソールのエクスプローラ階層で
[WLC マネージャ]
[情報]タブ
[レポートのイベント生成]
フィールドの順に移動し、対応するドロップダウン オプションから
[有効]
を選択します。
このオプションを
[有効]
に設定すると、選択した WLC コントローラ上で発生したイベントが SRM データベースに登録されて解析され、Report Manager がデータの格納に使用する「reporting」という名前の MySQL データベースにイベント情報が保存されます。 このデータベースには、SRM アプリケーションがレポートの生成に使用するデータを格納するのに必要なすべてのテーブルが含まれています。 起動時に Report Manager は、OneClick 経由で SpectroSERVER ごとにプライマリ アーカイブ マネージャからデータを取得し、SRM データベースにデータを格納します。
ワイヤレス レポートの詳細については、「reporting データベース」の「
wirelessaps
」の表を参照してください。
アクセス ポイントへの接続のみの検出
10.3 とそれ以前のリリースでは、アクセス ポイント ディスカバリを実行すると、WLC マネージャでは、AP (access point、アクセス ポイント)に対応するすべてのサブネット スイッチでの接続が検出されます。 10.3.1 以降は、WLC マネージャに、適切なアップストリーム スイッチから AP (access point、アクセス ポイント)への接続のみを検出するオプションが含まれます。このオプションでは、サブネット スイッチの他のネイバー接続の作成はスキップされます。 この機能では、アップストリーム スイッチへの接続の検出に、アクセス ポイントの MAC アドレス(SAT テーブル)または IP アドレス(CDP テーブル)が使用されます。
DC only towards AP.png
デフォルトでは、この値は[いいえ]に設定されています(10.4.2 より前のリリースの場合)。 アクセス ポイントへの接続のみを表示するには、この値を
[はい]
に設定します。
10.4.2 では、このオプションはデフォルトで有効になっています。つまり、パラメータ値はすでに[はい]に設定されています。 以前のリリースでは、このオプションはデフォルトで有効になっていませんでした。
関連するアクセス ポイントに対してのみアクセス ポイント関連のアラームを発生
10.4.1 では、アクセス ポイント(AP)で適切なアラームが発生すると、アラームはその AP に対してアサートされます。 同様に、WLC コントローラ上でアラームが発生すると、アラームはその WLC コントローラに対してアサートされます。 この機能により、関連する AP または WLC コントローラに基づいてアラームを適切に編成して、デバイスをさらに効率的に管理できるようになります。 これまでは、アラームの発生元が AP か WLC コントローラかに関係なく、すべてのアラームが WLC コントローラに対してアサートされていました。
アラームをアサートするために必要な AP にアクセスできない場合、関連する AP アラームは関連付けられた WLC コントローラに対してアサートされます。