XML スキーマ定義

入力および出力データ転送は、さまざまなアプリケーションからデータへの標準アクセスを可能にする厳密なスキーマに準拠して、XML で行われます。 sp Web サービス API で提供されるスキーマは、すべての有効なリクエストおよびレスポンスに対して正しいデータ レイアウトを定義します。
casp1032
入力および出力データ転送は、さまざまなアプリケーションからデータへの標準アクセスを可能にする厳密なスキーマに準拠して、XML で行われます。
DX NetOps Spectrum
Web サービス API で提供されるスキーマは、すべての有効なリクエストおよびレスポンスに対して正しいデータ レイアウトを定義します。
スキーマ ファイルは、GET トンネリングに対して必要な構文を定義するために使用され、高度な用途についても WADL より有用です。 スキーマ ファイルは、java および java スクリプト開発に使用できる JAXB ビーンを生成するために使用されます。 これらのビーンは <
$SPECROOT
>/RestfulExamples/lib/spectrumrest.jar にあります。
DX NetOps Spectrum
は、<
$SPECROOT
>/RestfulExamples/src/xsdd にある以下の XML スキーマ定義(.xsd)ファイルを提供します。
  • Filter.xsd
    属性フィルタおよび検索基準に対して XML を指定します。
    これは、
    DX NetOps Spectrum
    ロケータによって使用される XML と同じです。ただし、Filter.xsd は
    DX NetOps Spectrum
    Web サービス API でのみ使用されます。
  • Request.xsd
    GET トンネリングで使用される XML 形式を定義します。 すべての POST 本文 XML には以下のようなタグが必要です。
    xsi:schemaLocation="http://www.ca.com/spectrum/restful/schema/request ../../../xsd/Request.xsd">
  • Response.xsd
    すべての同期レスポンスに対して XML 形式または JSON 形式を定義し、すべての非同期レスポンスに対して XML 形式を定義します。