詳細設定

ネットワーク範囲や認証クレデンシャル プロファイルなどの自動ディスカバリ スキャン設定は、UMP 内の USM ポートレット内で実行されるディスカバリ ウィザードで設定されます。 より高度な設定は、アドミン コンソールまたはインフラストラクチャ マネージャで[RAW 設定]オプションまたは[プローブ ユーティリティ]を使用して行います。
uim901
ネットワーク範囲や認証クレデンシャル プロファイルなどの自動ディスカバリ スキャン設定は、UMP 内の USM ポートレット内で実行されるディスカバリ ウィザードで設定されます。 より高度な設定は、アドミン コンソールまたはインフラストラクチャ マネージャで[RAW 設定]オプションまたは[プローブ ユーティリティ]を使用して行います。
  • プライマリ ハブ以外のロボット上で実行されるようにディスカバリ サーバを設定したり、メモリ サイズを設定するには、[RAW 設定]オプションを使用します。
  • マスタ デバイスを削除するには、[プローブ ユーティリティ]オプションを使用します。
自動ディスカバリについては、「ディスカバリ ウィザード」の記事を参照してください。