モニタリング データの設定および表示

オペレータ コンソールの使用方法に関する情報が含まれています。
uim203
OChome
オペレータ コンソール(OC)は、以下の操作が可能な Web ベースのインターフェースです。
  • システムを検出およびモニタする
  • QoS データのグラフを表示する
  • アラームを表示および管理する
  • SLA を作成し、SLA パフォーマンス レポートを表示する
  • レポートを作成、表示、およびスケジュールする
  • ダッシュボードを作成および表示する
  • ユーザを管理する
  • プローブを設定する
機能とコンポーネント
オペレータ コンソールを使用すると、ユーザはデバイスのメンバシップ、グループ、およびデバイス モニタリング プロファイルを管理し、ダッシュボード、アラーム、ディスカバリ、メトリクス、およびインターフェースを表示できます。
オペレータ コンソールでは、システム操作およびモニタリング結果間を移動するための、グラフィカルでクリック可能な手段を提供します。モニタ対象のテクノロジ、デバイスとグループ、およびアラームのサマリ ビューは、システム コンポーネントおよびメトリクスの詳細なビューにリンクされます。これらのコンポーネントの一部は、追加購入が必要です。
UIM 20.3.3 では、ネイティブ OC 画面(ホーム ページ、グループ ビュー ページ、デバイス表示ページ、モニタリング テクノロジ(プローブ)ビュー ページ)を表示する CA Business Intelligence (CABI)の依存関係が削除されました。カスタムおよび標準装備のダッシュボードとレポートは、引き続き CABI を使用して表示されます。つまり、CABI と依存関係があります。ただし、ネイティブ OC 画面は CABI (Jaspersoft)に依存しなくなったので、HTML5 を使用して表示されます。
目次
2
前提条件
  • オペレータ コンソールでデータを表示するには、[Operator Console Basic]権限が必要です。UIM 9.0.2 にアップグレードするとき、ユーザにはオペレータ コンソールへのアクセス権がありません。[アカウント アドミニストレーション]ビューで、[
    オペレータ コンソール ベーシック
    ] ACL 権限を追加する必要があります。デフォルトでは、この権限は管理者およびスーパーユーザのみが使用できます。
  • オペレータ コンソールを使用してグループを管理するには、[OC グループ変更]権限が必要です。詳細については、「OC の権限リファレンス」を参照してください。
  • オペレータ コンソールは、Edge、Chrome、および Firefox ブラウザでのみサポートされます。詳細については、「互換性マトリクス」を参照してください。
オペレータ コンソールへのアクセス
  1. オペレータ コンソールにログインします。
  2. アクセス権限に基づいて、関連するアクションを実行できます。
ホーム ビュー
[ホーム]
Home View Icon)ビューでは、モニタ対象の展開状況が一目でわかるように表示されます。以下のスクリーンショットは、UIM 20.3.3 のホームのページ ビュー(ネイティブ OC 画面)を示しています。このビューは、HTML5 を使用して表示されます。UIM 20.3.3 では CABI に依存しません。
ホームのページ ビューは、以下の情報を表示します。
  • Open Alarms
    環境内で生成されたアラームの数を表示します。
    • [すべて表示]リンクをクリックすると、詳細を含む[アラーム]ビュー ページに移動します。
    • グラフのそれぞれの棒グラフをクリックすると、詳細を含む[アラーム]ビューに移動します。
  • モニタ対象デバイス
    • 検出対象およびアクティブにモニタ対象のデバイスを表示します。
  • ロール別デバイス
    ロール別のモニタ対象デバイスを表示します。
    • [すべて表示]リンクをクリックすると、詳細情報を含むインベントリ ビューに移動します。
  • 上位 10 件のエンティティ
    • テクノロジ: アラーム重大度と数でソートされた上位のモニタ対象テクノロジを表示します。たとえば、クリティカル アラームが 1 つのエンティティは、2 つのメジャー アラームを持つエンティティと比較されるとリストの最初に表示されます。アラーム数は重大度の後に考慮されます。[すべて表示]リンクまたはそれぞれのエンティティ リンクをクリックすると、詳細がドリルダウンされます。
    • グループ: アラームの重大度と数でソートされた上位グループを表示します。[すべて表示]リンクまたはそれぞれのエンティティ リンクをクリックすると、詳細がドリルダウンされます
    • デバイス: アラームの重大度と数でソートされた上位デバイスを表示します。[すべて表示]リンクまたはそれぞれのエンティティ リンクをクリックすると、詳細がドリルダウンされます
タイルの使用
  • タイルの削除
    • ページからそのタイルを削除する場合は、特定のタイルの
      [X]
      アイコンをクリックします。
  • 特定のタイル詳細へのアクセス
    • [すべて表示]
      リンク(利用可能な場合)またはそれぞれのエンティティ リンク(利用可能な場合)をクリックすると、詳細を含む各ページに移動します。
  • タイルの表示/非表示
    • 右上の 3 つのドット メニューをクリックして、ページにタイルを削除または追加します。メニューをクリックすると、以下のダイアログ ボックスが表示されます。必要なタイルを適切にクリアまたは選択できます。
アラーム ビュー
アラーム
Alarms View Icon)ビューには、環境内で生成されるすべてのアラームが表示されます。以下のスクリーンショットの例は、UIM 20.3.3 のアラーム ビューを示しています。
アラーム ビューの詳細については、「アラーム データの表示」トピックを参照してください。
グループ ビュー
グループ
Groups View Icon)ビューには、環境内のグループのリストが表示されます。
以下のスクリーンショットは、UIM 20.3.3 のグループ ダッシュボード ビュー(ネイティブ OC 画面)を示しています。この画面は、HTML5 を使用して表示されます。UIM 20.3.3 では CABI に依存しません。
このビューで以下のタスクを実行できます。
  • Open Alarms
    グループ内のオープン アラームの数を表示します。
    • [すべて表示]リンクをクリックすると、詳細を含む[アラーム]ビュー ページに移動します。
    • グラフのそれぞれの棒グラフをクリックすると、詳細を含む[アラーム]ビューに移動します。
  • ロール別デバイス
    グループ内のロール別のモニタ対象デバイスを表示します。
    • [すべて表示]リンクをクリックすると、詳細を含むインベントリ ビューに移動します。
  • 上位 10 件のエンティティ
    グループ内のモニタ対象テクノロジ/サブグループおよびデバイスの上位を表示します。リストはアラーム重大度、その次にアラーム数に基づいてソートされます。たとえば、クリティカル アラームが 1 つのエンティティは、2 つのメジャー アラームを持つエンティティと比較されるとリストの最初に表示されます。アラーム数は重大度の後に考慮されます。
    • [すべて表示]リンクをクリックすると、詳細を含むそれぞれのビューに移動します。
    • 特定のエンティティ(デバイスやモニタリング テクノロジなど)をクリックすると、詳細情報にアクセスできます。
  • 正しく作成された URL
    正しく形成された URL を使用すると、グループ ダッシュボード ビューに直接アクセスできます。
    http://<OC_Server>/operatorconsole_portlet/groups/0/<Group_ID>/dashboard
  • タイルの削除
    • [X]をクリックして、ビューからタイルを削除します。
  • タイルの表示/非表示
    • UI の右上の 3 つのドット メニューをクリックして、ビューにタイルを表示または非表示にします。
その他のグループ ビューへのアクセス
グループ ビューには、各グループのカード、リスト ビュー、およびツリー ビューも表示されます。たとえば、カードは、
カード
Card View Icon)ビューが選択されている場合に表示されます。以下の画像に、カードで提供される情報のタイプを示します。
Operating Systems Card Overview
  1. グループでアクティブな最上位のアラーム状態
  2. グループ名
  3. グループのアラームとデバイス サマリ情報
  4. アラーム サマリと過去 30 日間のアラーム履歴を切り替えるための矢印
  5. 現在のカード ビューのインジケータ
より多くのデータへのアクセス
カードのさまざまな部分をクリックすると、異なるビューが表示され、各グループのステータスに関する詳細を確認できます。
More Data in Operating Systems Card Overview
  1. グループおよびデバイスの階層下に移動できます
  2. グループおよび生成されたアラームに関する情報を表示できます。
  3. グループに関するアラームが表示されます。
[リスト]
ビューが選択されている場合、リスト ビューが表示されます。リスト ビューでは、リストにグループが表示されます。リストの各グループをクリックすると、デバイスのリストが表示されます。
[ツリー]
ビューが選択されている場合、ツリー ビューが表示されます。ツリー ビューには、グループと関連付けられたデバイスが表示されます。ツリーで各グループ ノードをクリックすると、グループ内のデバイスが表示されます。
グループの作成と管理の詳細については、「グループの管理」を参照してください。
インベントリ ビュー
インベントリ
Inventory View Icon)ビューは、モニタしている環境で生成された UIM インベントリ内のデバイスが簡単に表示されます。また、アラームのようなデバイス関連の情報およびロボットが展開されているデバイスも表示できます。
インベントリ ビューのデバイスをクリックすると、デバイスの詳細(ダッシュボード)ビューにアクセスできます。以下のスクリーンショットは、UIM 20.3.3 のデバイス ダッシュボード(詳細)ビュー(ネイティブ OC 画面)を示しています。この画面は、HTML5 を使用して表示されます。UIM 20.3.3 では CABI に依存しません。
ビューは、以下の情報を表示します。
  • Device Details
    デバイスの詳細に関する概要を表示します。これには、詳細情報が含まれます。たとえば、名前、IP アドレス、ハブ、OS、デバイスのメンテナンス スケジュールに関する情報などです。
    • オープン アラーム数
      • 選択したデバイスのオープン アラームの数を表示します。
      • アラーム数のリンクをクリックすると、詳細ビューに移動します。
        デバイスがメンテナンス中の場合、アラーム数は表示されません。代わりに、メンテナンス モードのシンボルが表示されます。
    • コンテキスト内のメンテナンス リンク
      • [デバイスの詳細]タイルのコンテキスト内の[メンテナンス]リンクを使用して、メンテナンス スケジュールにデバイスを設定します。[メンテナンス]リンクをクリックし、メンテナンス スケジュールの詳細を指定します。その後、デバイスがメンテナンス スケジュールに含まれます。関連するメンテナンス情報は、同じ[デバイスの詳細]タイルの下部に表示されます。
    • デバイス エイリアスの編集
      • [エイリアス]の隣にある編集アイコン(鉛筆)をクリックし、ダイアログ ボックスに適切な名前を指定し、[適用]をクリックして更新を保存します。
  • デバイス グループ
    選択したデバイスに関連付けられているグループを表示します。
    • タイルのそれぞれのグループ リンクをクリックすると、関連するグループ ビューに移動し、詳細情報が表示されます。
  • メトリクス モニタリング
    デバイスのメトリクス モニタリング グラフ(メトリクス ビュー)を表示します。選択したデバイスに対して作成されたメトリクス ビューは、[メトリクス モニタリング]に表示されます。メトリクス ビューが定義されていない場合、デフォルトのメトリクス(CPU など)に基づくビューがデフォルトで表示されます。[メトリクス モニタリング]セクションが空の場合、デバイスにモニタリングが設定されていないことを意味します。
  • 正しく作成された URL
    • 正しく作成された URL を使用すると、デバイス ダッシュボード ビューに直接アクセスできます。
      http://<OC_Server>/operatorconsole_portlet/computer_systems/<CI_ID>/dashboard
グループ パス([グループ]ビュー -> [グループ]->[デバイス])からこのデバイス ビューにアクセスする場合、[詳細]ビュー アイコンをクリックしてこのビューにアクセスする必要があります。この場合、ダッシュボード ビュー アイコンは無効になります。 
インベントリ ビューの詳細については、「インベントリの表示」トピックを参照してください。
ダッシュボード ビュー
ダッシュボード
Dashboards View Icon)ビューには、モニタリングを設定した後、事前定義したダッシュボードにメトリクスおよびアラーム データを表示できます。
UIM 20.3.3 では、ネイティブ OC 画面(ホーム ページ、グループ ビュー ページ、デバイス表示ページ、モニタリング テクノロジ(プローブ)ビュー ページ)を表示する CA Business Intelligence (CABI)の依存関係が削除されました。カスタムおよび標準装備のダッシュボードとレポートは、引き続き CABI を使用して表示されます。つまり、CABI と依存関係があります。ただし、ネイティブ OC 画面(汎用ダッシュボードを含む)は CABI (Jaspersoft)に依存しなくなったので、HTML5 を使用して表示されます。
そのため、プロセス、rsp、cdm、net_connect などのモニタリング テクノロジ(プローブ)のダッシュボード ページは、CABI ではなく HTML5 を使用して表示されます。メインのダッシュボード ページのタイルをクリックすると、そのようなプローブのダッシュボード ページが HTML5 を使用して表示されます。以下のスクリーンショットは、UIM 20.3.3 の cdm プローブ ダッシュボード ページの例を示しています。
左側のナビゲーション ビューの[ダッシュボード]リンクを使用してアクセスすると、メインの[ダッシュボード]ページが以下のように表示されます。
ダッシュボードの詳細については、「ダッシュボードの表示」トピックを参照してください。
グループとデバイス カードの検索、フィルタ、およびソート
グループ ビューには、特定のグループまたはコンピュータ システムに移動したり、グループおよびコンピュータ システム カードをソートしたりするためのいくつかの方法があります。
  1. 検索
    Search Icon): 入力された検索文字列に一致するデバイスが表示されます。
  2. [アクション メニュー]
    Action Menu Icon): このメニューには、グループの追加、グループの編集など、状況に依存する操作が含まれます。ドロップダウン リストには、現在のビューに応じたオプションが表示されます。
  3. フィルタ
    : 現在のコンテキスト内のグループまたはデバイスをフィルタします。たとえば、デフォルト オペレーティング システム グループをクリックします。次に、フィルタ フィールドに「
    win
    」と入力すると、そのオペレーティング システム グループ内にある、名前に「win」が含まれるサブグループのみがウィンドウに表示されます。
  4. カード フィルタ
    : 名前、重大度、アラーム カウント、またはメンバ数によってグループまたはデバイス カードをソートできます。
レポート
レポート ビューのレポートには、全体的な準拠率、SLA 詳細、SLO、SLA 準拠トレンド、および SLO データのグラフが表示されます。詳細については、「レポートの表示」を参照してください。
SLM
SLM ビューは、サービス レベル アグリーメント(SLA)とそのコンポーネントであるサービス レベル オブジェクト(SLO)、および QoS 制約を作成するためのインターフェースです。詳細については、「SLM ビュー」を参照してください。
設定
Metric Palette Icon)を使用して、以下の操作を行います。
セットアップ ウィザード
セットアップ ウィザード
を使用すると、デバイス ディスカバリを設定したり、使用可能なリモートおよびクラウド モニタリング テクノロジをタイルとして設定したりできます。詳細については、「セットアップ ウィザードの表示と使用」を参照してください。