EMC Clariion ユニファイド ダッシュ ボード

EMC Clariion ユニファイド ダッシュボードには、EMC Clariion ストレージ システムのステータスと容量に関する情報を表示する定義済みのリスト ビューが用意されています。
uim901
emc_clariion_UD
EMC Clariion ユニファイド ダッシュボードには、EMC Clariion ストレージ システムのステータスと容量に関する情報を表示する定義済みのリスト ビューが用意されています。
目次
ご使用のユニファイド ダッシュボードにデータが含まれていない場合は、ユニファイド ダッシュボードで必要なすべてのデータ ソースが有効であることを確認します。必要な QoS メトリクスと、サブキーまたはターゲットをアクティブにするには、必要なプローブを展開して設定する必要があります。詳細については、ユニファイド ダッシュボードで必要なデータ ソースに関するヘルプ トピックを参照してください。
EMC Clariion で必要なデータ ソース
EMC Clariion ダッシュボードにデータを表示するには、以下の表に示すプローブ、QoS メトリクス、サブキーまたはターゲットをアクティブにする必要があります。
プローブ
QoS
サブキー/ターゲット
clariion
QOS_STORAGE_RAW_TOTAL_CAPACITY
*
QOS_STORAGE_SYS_FAULTS
*
QOS_STORAGE_TP_AVAILABLE_CAPACITY
*
QOS_STORAGE_TP_CONSUMED_CAPACITY
*
QOS_STORAGE_TP_PERCENT_FULL
*
QOS_STORAGE_TP_PERCENT_SUBSCRIBED
*
QOS_STORAGE_SP_BLOCKS_READ_PER_SECOND
SP A
SP B
QOS_STORAGE_SP_BLOCKS_WRITTEN_PER_SECOND
SP A
SP B
QOS_STORAGE_SP_READ_IOPS
SP A
SP B
QOS_STORAGE_SP_WRITE_IOPS
SP A
SP B
QOS_STORAGE_SP_PCT_BUSY
*
QOS_STORAGE_SP_PCT_DIRTY
SP A
SP B
QOS_STORAGE_FAST_CACHE_PCT_DIRTY_SPA
FAST キャッシュ
QOS_STORAGE_FAST_CACHE_PCT_DIRTY_SPB
FAST キャッシュ
アスタリスク(*)は、QoS の最初のエントリの値が使用されることを表します。アスタリスクは、プローブの QoS メトリクスが返す値が 1 つだけであることが分かっている場合にのみ使用してください。
ストレージ IO パフォーマンス
説明
Clariion システム
Clariion サーバをホストするシステムの名前。Clariion システムの名前をクリックすると、そのシステムのストレージ IO データがパフォーマンス レポートに表示されます。カラム ヘッダの[フィルタ]フィールドにテキストを入力すると、そのテキストを含む Clariion システム名のみが表示されます。
SP A - 読み取りブロック数/秒
ストレージ プロセッサ A によって読み取られた 1 秒あたりのブロック数。
SP B - 読み取りブロック数/秒
ストレージ プロセッサ B によって読み取られた 1 秒あたりのブロック数。
SP A - 書き込みブロック数/秒
ストレージ プロセッサ A によって書き込まれた 1 秒あたりのブロック数。
SP B - 書き込みブロック数/秒
ストレージ プロセッサ B によって書き込まれた 1 秒あたりのブロック数。
SP A - 読み取り IOPS
ストレージ プロセッサ A の 1 秒あたりの読み取り操作数。
SP B - 読み取り IOPS
ストレージ プロセッサ B の 1 秒あたりの読み取り操作数。
SP A - 書き込み IOPS
ストレージ プロセッサ A の 1 秒あたりの書き込み操作数。
SP B - 書き込み IOPS
ストレージ プロセッサ B の 1 秒あたりの書き込み操作数。
ストレージ プロセッサ パフォーマンス
説明
Clariion システム
Clariion サーバをホストするシステムの名前。Clariion システムの名前をクリックすると、そのシステムのストレージ IO データがパフォーマンス レポートに表示されます。カラム ヘッダの[フィルタ]フィールドにテキストを入力すると、そのテキストを含む Clariion システム名のみが表示されます。
SP A - ビジー率
ストレージ プロセッサ A がビジーである時間の割合。
SP B - ビジー率
ストレージ プロセッサ B がビジーである時間の割合。
SP A - ダーティ率
ストレージ プロセッサ A で、DRAM キャッシュに存在し、ディスクに書き込まれていないデータの割合。
SP B - ダーティ率
ストレージ プロセッサ B で、DRAM キャッシュに存在し、ディスクに書き込まれていないデータの割合。
SP A - FAST キャッシュのダーティ率
ストレージ プロセッサ A で、FLASH キャッシュに存在し、ディスクに書き込まれていないデータの割合。
SP B - FAST キャッシュのダーティ率
ストレージ プロセッサ B で、FLASH キャッシュに存在し、ディスクに書き込まれていないデータの割合。
ストレージ システム ヘルス
説明
Clariion システム
Clariion サーバをホストするシステムの名前。Clariion システムの名前をクリックすると、そのシステムのストレージ IO データがパフォーマンス レポートに表示されます。カラム ヘッダの[フィルタ]フィールドにテキストを入力すると、そのテキストを含む Clariion システム名のみが表示されます。
合計容量
Clariion ストレージ システムの容量(ギガバイト)。
システム ヘルス
ストレージ システムの障害数。
0 = OK (緑)
1 以上 = 失敗(赤)
シン プール使用率
説明
ストレージ シン プール
シン プールの名前。カラム ヘッダの[フィルタ]フィールドにテキストを入力すると、そのテキストを含むシン プール名のみが表示されます。
合計容量
利用可能なシン プール容量(ギガバイト)。
消費容量
使用済みのシン プール容量(ギガバイト)。
消費容量率
消費されたシン プール容量の割合。
0 ~ 75 = 緑
75 ~ 85 = 黄色
85 ~ 95 = オレンジ
95 ~ 100 = 赤
サブスクライブ容量率
サブスクライブされたシン プール容量の割合。
0 ~ 90 = 緑
90 ~ 120 = 黄色
121 ~ 200 = オレンジ
200 を超過 = 赤