MS Exchange 2010 ユニファイド ダッシュ ボード

MS Exchange Server 2010 ユニファイド ダッシュボードには、Microsoft Exchange Server 2010 に関する情報を表示する定義済みのリスト ビューが用意されています。たとえば、プロセッサ、メモリ パフォーマンス、トランスポート キュー長、ドメイン コントローラ、.Net framework、およびネットワーク カウンタなどの情報が表示されます。
uim901
exchange_2010_UD
MS Exchange Server 2010 ユニファイド ダッシュボードには、Microsoft Exchange Server 2010 に関する情報を表示する定義済みのリスト ビューが用意されています。たとえば、プロセッサ、メモリ パフォーマンス、トランスポート キュー長、ドメイン コントローラ、.Net framework、およびネットワーク カウンタなどの情報が表示されます。
目次
ご使用のユニファイド ダッシュボードにデータが含まれていない場合は、ユニファイド ダッシュボードで必要なすべてのデータ ソースが有効であることを確認します。必要な QoS メトリクスと、サブキーまたはターゲットをアクティブにするには、必要なプローブを展開して設定する必要があります。詳細については、ユニファイド ダッシュボードで必要なデータ ソースに関するヘルプ トピックを参照してください。
MS Exchange 2010 で必要なデータ ソース
The MS Exchange 2007 ユニファイド ダッシュボードには、以下のプローブが必要です。
  • exchange_monitor
  • exchange_monitor_backend
  • perfmon
  • processes
  • ntevl
MS Exchange 2010 ダッシュボードにデータを表示するには、以下の表に示す QoS メトリクスと、サブキーまたはターゲットをアクティブにする必要があります。
必須 QoS
サブキー/ターゲット
QOS_EXCHANGE_PROCESSOR_USER_TIME
ユーザ時間
QOS_EXCHANGE_PROCESSOR_PRIVILEGED_TIME
特権モードで経過したプロセッサ時間
QOS_EXCHANGE_PROCESSOR_PROCESSOR_QUEUE_LENGTH
プロセッサ キューの長さ(Processor Queue Length)
QOS_EXCHANGE_PROCESSOR_PROCESSOR_TIME
プロセッサ時間の割合
QOS_EXCHANGE_PROCESSOR_PROCESSOR_TIME_INSTANCE
プロセッサ時間インスタンス(プロセス)
QOS_EXCHANGE_MEMORY_AVAILABLE_MBYTES
空き容量(メガバイト)
QOS_EXCHANGE_MEMORY_POOL_PAGED_BYTES
ページ プール バイト数
QOS_EXCHANGE_MEMORY_POOL_NONPAGED_MEGABYTES
非ページ プール(メガバイト)
QOS_EXCHANGE_MEMORY_CACHE_BYTES
キャッシュ バイト数
QOS_EXCHANGE_MEMORY_PRIVATE_BYTES
Private Bytes
QOS_EXCHANGE_MEMORY_VIRTUAL_BYTES
Virtual Bytes
QOS_EXCHANGE_TRANS_ROLE_AGGREGATE_DELIVERY_QUEUE_LENGTH_(ALL_QUEUES)-TRANSPORT
配信キューに入れられているメッセージ数(すべてのキュー) - トランスポート
QOS_EXCHANGE_TRANS_ROLE_ACTIVE_MAILBOX_DELIVERY_QUEUE_LENGTH-TRANSPORT
アクティブなメールボックス キュー内のメッセージ数 - トランスポート
QOS_EXCHANGE_TRANS_ROLE_RETRY_MAILBOX_DELIVERY_QUEUE_LENGTH-TRANSPORT
配信が再試行状態にあるメールボックス キュー内のメッセージ数 - トランスポート
QOS_EXCHANGE_TRANS_ROLE_UNREACHABLE_QUEUE_LENGTH-TRANSPORT
到達不能キュー内のメッセージ数 - トランスポート
QOS_EXCHANGE_TRANS_ROLE_POISON_QUEUE_LENGTH-TRANSPORT
有害なメッセージ キュー内のメッセージ数 - トランスポート
QOS_EXCHANGE_TRANS_ROLE_MESSAGES_SUBMITTED_PER_SECOND
送信キューに入れられている 1 秒あたりのメッセージ数
QOS_EXCHANGE_TRANS_ROLE_MESSAGES_COMPLETED_DELIVERY_PER_SECOND
配信された 1 秒あたりのメッセージ数
QOS_EXCHANGE_MSEXCHANGE_LDAP_SEARCHES_PER_SECOND
LDAP 検索要求の数/秒(0)
QOS_EXCHANGE_MSEXCHANGE_LDAP_READ_TIME_PROCESSES
LDAP 読み取り時間プロセス
QOS_EXCHANGE_MSEXCHANGE_LDAP_SEARCH_TIME_PROCESSES
LDAP 検索時間プロセス
QOS_EXCHANGE_MSEXCHANGE_LDAP_SEARCHES_TIMED_OUT_PER_MINUTE
Timeout を返した LDAP 検索の数/分
QOS_EXCHANGE_MSEXCHANGE_LONG_RUNNING_LDAP_OPERATIONS_PER_MINUTE
実行時間が長い LDAP 操作数/分
QOS_EXCHANGE_MEMORY_DOTNET - TIME_IN_GC
.NET ガベージ コレクションが発生した時間
QOS_EXCHANGE_MEMORY_DOTNET - EXCEPTION_THROWN_PER_SEC
.NET スローされた例外数/秒
QOS_EXCHANGE_MEMORY_DOTNET - BYTES_IN_ALL_HEAPS
.NET 全ヒープのバイト数
QOS_EXCHANGE_NETWORK_KILOBYTES_TOTAL_PER_SECOND
$HOST
QOS_EXCHANGE_NETWORK_PACKETS_OUTBOUND_ERRORS
エラーのために送信できなかったパケット数
QOS_EXCHANGE_NETWORK_TCPV4_CONNECTIONS_ESTABLISHED
確立できる TCPv4 接続数
QOS_EXCHANGE_NETWORK_TCPV6_CONNECTION_FAILURES
失敗する TCPv6 接続数
プロセッサ カウンタ Exchange 2010
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
ユーザ モードで経過したプロセッサ時間の割合
ユーザ モードで経過したプロセッサ時間の割合。ユーザ モードは、アプリケーション、環境サブシステム、および構成サブシステム用に設計された制限付きの処理モードです。
0 ~ 74.99 = 緑
75 = 赤
特権モードで経過したプロセッサ時間の割合
特権モードで経過したプロセッサ時間の割合。特権モードは、オペレーティング システム コンポーネントとハードウェア制御ドライバ用に設計された処理モードです。特権モードでは、ハードウェアおよびすべてのメモリへの直接アクセスが許可されます。
0 ~ 74.99 = 緑
75 = 赤
プロセッサ キューの長さ(Processor Queue Length)
各プロセッサが提供しているスレッドの数。プロセッサ キューの長さを使用して、プロセッサの競合や高い CPU 使用率の原因が、割り当てられたワークロードを処理するためのプロセッサ容量の不足にあるかどうかを特定できます。
プロセッサ キューの長さは、Processor Ready Queue で遅延が生じ、実行対象としてスケジュールされるのを待機しているスレッドの数を表します。リスト表示された値は、測定値を取得した時点での最後の観測値です。
0 ~ 2.99 = 緑
3.00 ~ 4.99 = オレンジ
5.00 = 赤
プロセッサ時間インスタンス
プロセッサがアプリケーションまたはオペレーティング システムのプロセスを実行している時間の割合。プロセッサの非アイドル時間を表します。
メモリ パフォーマンス Exchange 2010
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
利用可能な物理メモリの容量(メガバイト)
プロセスへの割り当てまたはシステムでの使用のために直ちに利用できる物理メモリの容量。
0 ~ 49.99 = 赤
50 ~ 75.99 = オレンジ
76 ~ 99.99 = 黄色
100 = 緑
ページ プール バイト数
ディスクのページング ファイルにページ可能な共有システム メモリの領域。
非ページ プール(バイト)
物理メモリに常駐することが保証されているシステムの仮想アドレス。ページング入力/出力(I/O)を発生させずに任意のアドレス空間からアクセスできます。
キャッシュ バイト数
ファイル システム キャッシュのサイズ(バイト)。
トランスポート キューの長さ Exchange 2010
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
すべての配信キュー内のメッセージ数
すべてのキュー内にある配信キュー アイテムの合計数。
0.00 ~ 1500.99 = 緑
1501.00 ~ 3000.99 = 黄色
3001.00 ~ 4000.99 = オレンジ
4001.00 ~ 5000 = 赤
アクティブなメールボックス キュー内のメッセージ数
アクティブなメールボックス キュー内のアイテム数。
0 ~ 100 = 緑
101 ~ 200 = 黄色
201 ~ 249 = オレンジ
250 = 赤
配信が再試行状態にあるメールボックス キュー内のメッセージ数
再試行状態にあるメールボックス キュー内のアイテム数。
0 ~ 50 = 緑
51 ~ 74 = 黄色
75 ~ 99 = オレンジ
100 = 赤
到達不能キュー内のメッセージ数
到達不能キュー内のアイテム数。
0 ~ 49 = 緑
50 ~ 74 = 黄色
75 ~ 99 = オレンジ
100 = 赤
有害なメッセージ キュー内のメッセージ数
有害なメッセージ キュー内のアイテム数。
0.00 ~ 0.00 = 緑
0.01 = 赤
送信キューに入れられている 1 秒あたりのメッセージ数
クライアントによってメッセージが送信されるレート。
配信された 1 秒あたりのメッセージ数
メッセージがすべての受信者に配信されるレート。
Exchange 2010 ドメイン コントローラ接続カウンタ
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
検索要求の数/秒
1 秒あたりに発行された LDAP 検索要求の数。
Timeout を返した検索の数/分
最後に LDAP_Timeout を返した LDAP 検索要求の数。
0 ~ 2.99 = 緑
3 ~ 6.99 = 黄色
7 ~ 9.99 = オレンジ
10 = 赤
実行時間が長い LDAP 操作数/分
このドメイン コントローラ上で指定されたしきい値を超えた 1 分あたりの LDAP 操作数。
0 ~ 14.99 = 緑
15 ~ 24.99 = 黄色
25 ~ 49.99 = オレンジ
50 = 赤
ネットワーク カウンタ Exchange 2010
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
確立できる TCPv4 接続数
状態が ESTABLISHED または CLOSE-WAIT のいずれかである TCP 接続数。TCP 接続数は、非ページ プールのサイズによって制限されます。非ページ プールを使い果たすと、新しい接続を確立できません。
失敗する TCPv6 接続数
状態が ESTABLISHED または CLOSE-WAIT のいずれかである TCP 接続数。TCP 接続数は、非ページ プールのサイズによって制限されます。非ページ プールを使い果たすと、新しい接続を確立できません。
読み取り時間プロセス
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
プロセス
モニタされているターゲット。
読み取り時間
指定されたドメイン コントローラに LDAP 読み取り要求を送信して応答を受信するまでの時間。
検索時間プロセス
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
プロセス
モニタされているターゲット。
検索時間
LDAP 検索要求を送信して応答を受信するまでの時間。
.NET ガベージ コレクションが発生した時間
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
プロセス
モニタされているターゲット。
Time
ガベージ コレクションが発生した時間。カウンタがしきい値を超えると、CPU はクリーンアップを実行し、負荷に対して効率的に使用されません。サーバにメモリを追加すると、この状態が改善されます。
.NET 例外数/秒
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
プロセス
モニタされているターゲット。
例外数/秒
1 秒あたりにスローされた例外の数。.NET Framework 例外と、.NET Framework 例外に変換される管理対象外の例外の両方が含まれます。
.NET 全ヒープのバイト数
説明
ホスト
Exchange Server がインストールされているホストの名前。
プロセス
モニタされているターゲット。
バイト
GC ヒープに割り当てられたメモリ(バイト)。