CA Service Desk の統合

統合後は、CA Service Desk 内で、CA UIM アラームに基づくインシデント チケットを生成できます。これらのインシデントを生成すると、CA UIM アラームが生成されたときにサービス デスク ユーザがすぐに是正処置をとるのに役立ちます。
uim901
統合後は、CA Service Desk 内で、CA UIM アラームに基づくインシデント チケットを生成できます。これらのインシデントを生成すると、CA UIM アラームが生成されたときにサービス デスク ユーザがすぐに是正処置をとるのに役立ちます。
CA Service Desk と CA UIM を統合するには、CA ServiceDesk Gateway (casdgtw)プローブを展開および設定します。casdgtw プローブは以下のアクションを実行します。
  • CA Service Desk (CASD)アプリケーションへのネットワーク アクセスをテストします。
  • CASD アプリケーションのログイン セッションをテストします。
  • CASD アプリケーションで、UIM のアラームに基づくインシデントを作成します。
  • 関連する UIM アラームが更新されたときに、CASD アプリケーションでインシデント アクティビティ ログを更新します。
  • 対応するアラームが承認されると、インシデントをクローズします。
  • CASD アプリケーションで対応するインシデントがクローズされた場合に、アラームを確認します。
詳細については、プローブ ドキュメント スペースにある casdgtw プローブのマニュアルを参照してください。