プローブおよびパッケージ

この記事では、CA UIM 20.3.0 リリースの一部としてインストールされるプローブおよびパッケージを表示する方法に関する情報を提供します。
uim203
この記事では、20.3.0 リリースの一部としてインストールされるプローブおよびパッケージを表示する方法に関する情報を提供します。
プローブ
アドミン コンソールで個別のプローブのバージョン番号を検索できます。アドミン コンソールの使用に関するドキュメントは、「アドミン コンソールの使用」を参照してください。プローブのドキュメントについては、プローブのドキュメント スペースを参照してください。
Trellis プローブの正しいバージョン番号は、
[インストール パッケージ]
タブにあります。[
プローブ
]タブに表示される Trellis のバージョン番号は、最新のインストール済みサービスのバージョン番号を示します。
コンポーネント
バージョン番号
ace
20.30
automated_deployment_engine
20.30
baseline_engine
20.10
cdm
6.50
cm_data_import
20.30
controller
9.31
data_engine
20.30
discovery_agent
20.30
discovery_server
20.30
distsrv
9.31
ems
10.24
hub
9.31
maintenance_mode
20.30
mon_config_service
20.30
mpse
20.10
nas
9.31
net_connect
3.37
nis_server
20.30
ppm
20.10
prediction_engine
20.10
qos_processor
20.10
rsp
5.35
sla_engine
20.10
spooler
9.31
telemetry
1.24
trellis
20.30
udm_manager
20.30
usage_metering
9.27
wasp
20.30
webgtw
8.44
パッケージ
アドミン コンソールでパッケージのバージョンを確認できます。アドミン コンソールの使用に関するドキュメントは、「アドミン コンソールの使用」を参照してください。
コンポーネント
バージョン番号
adminconsoleapp
20.30
app_disco_apache
7.95
app_disco_iis_server
7.95
app_disco_mysql
7.95
app_disco_oracle
7.95
app_disco_sqlserver
7.95
attr_publisher
9.31
java_jre
2.05
mcsuiapp_portlet
1.36
mps
20.10
nisapi_wasp
20.10
policy_management_ws
0.24
pp_defaults
2.12
robot_aix
9.31
robot_deb
9.31
robot_exe
9.31
robot_hpux
9.31
robot_update
9.31
robot_rpm
9.31
robot_sol
9.31
robot_update
9.31
uimhome
20.30
uimapi
20.30
ump_accountadmin
20.30
ump_cabi
4.21
ump_dashboard
20.30
ump_operatorconsole
20.30
ump_selfcert
20.30
ump_slm
20.30
vs2017_vcredist_x64
1.01
vs2017_vcredist_x86
1.01
wasp_alarmviewer_api
2.12
wasp_service_wrapper
20.30
CA UIM のインストール中に、以下の MCS テンプレートが展開されます。MCS テンプレートとサポートされているプローブのバージョンの詳細については、プローブ ドキュメント スペースで、各プローブのリリース ノート、および MCS プロファイル タイプの設定に関する記事を参照してください。
テンプレート名
バージョン
ad_response_mcs_templates
1.82
apache_mcs_templates
1.72
attr_publisher_mcs_templates
1.07
cdm_mcs_templates
6.50
exchange_monitor_mcs_templates
5.33
iis_mcs_templates
1.92
mysql_mcs_templates
1.53
net_connect_mcs_templates
3.42
oracle_mcs_templates
5.41
rsp_mcs_templates
5.35
sharepoint_mcs_templates
1.84
sqlserver_mcs_templates
5.43
SystemEDGE 対応のデバイスをモニタするためのパッケージ
cabi-sysedge-report リリース ノート
cabi-sysedge-report は、デバイス サマリ ダッシュボードで、CA UIM と CA Business Intelligence の一部を表示できる、 SystemEDGE OnDemand Report をサポートしているコンパニオン パッケージです。SystemEDGE OnDemand Report には、snmpcollector プローブでモニタされている、SystemEDGE 対応デバイスのデータが表示されます。
パッケージ名
説明
状態
日付
cabi-sysedge-report
初期リリース
GA
2017 年 3 月
cabi-sysedge-report のインストールにおける懸念事項
cabi-sysedge-report パッケージをインストールする方法の詳細については、プローブのドキュメント スペースの「snmpcollector プローブによる SystemEDGE 対応デバイスのモニタ」を参照してください。
cabi-sysedge-datasource リリース ノート
cabi-sysedge-datasource は、SystemEDGE OnDemand Report と使用するために作成された Bean データ ソースをサポートしているコンパニオン パッケージです。
パッケージ名
説明
状態
日付
cabi-sysedge-datasource
初期リリース
GA
2017 年 3 月
cabi-sysedge-datasource のインストールにおける懸念事項
cabi-sysedge-datasource パッケージをインストールする方法の詳細については、「snmpcollector プローブによる SystemEDGE 対応デバイスのモニタ」を参照してください。
CA UIM での CA Business Intelligence のパッケージ
以下のオプションのプローブは、CA UIM のインストール中に、アーカイブにダウンロードされます。CA UIM での CA Business Intelligence の詳細については、「CA Business Intelligence サーバ リリース ノート」を参照してください。
コンポーネント
バージョン番号
cabi
4.30
cabi_external
4.20
ump_cabi
4.21
uim_core_dashboards_pack
2.46
uim_unified_reporter_pack
1.04
uim_cabi_health_report_pack
1.31
uim_aws_dashboards_pack
2.40
uim_azure_dashboards_pack
2.40
uim_sap_dashboards_pack
1.00
uim_citrix_dashboards_pack
1.00
uim_cabi_vmware_dashboards_pack
1.11
uim_cabi_mcs_dashboards_pack
1.00