ソフトウェア Gateway へのパッチの適用

このセクションでは、ソフトウェア フォーム ファクタのゲートウェイにパッチを適用する方法について説明します。
gateway92
このセクションでは、ソフトウェア フォームファクタの
Layer7 API Gateway
にパッチを適用する方法について説明します。
Gateway は、Gateway の増分パッチを管理するのに役立つパッチ管理機能を提供します。 これらのパッチは、Gateway ソフトウェアの機能を更新するために CA Technologies によって公開されます。
パッチをインストールする前に、必ず以下を実行してください。
  • パッチをインストールする前に Gateway をバックアップします。 詳細については、「Gateway のバックアップ」を参照してください。
  • 以下のコマンドを使用して、実行中の Gateway を停止します。
    /opt/SecureSpan/Gateway/runtime/bin/gateway.sh stop
パッチ ファイルの入手
パッチ ファイルを入手する方法
  1. サポート サイト(https://support.broadcom.com/)に移動します。
  2. アカウントにサインインします。
  3. [Download Management]
    を選択し、「Layer7 API Gateway」を検索します。
  4. 表示された結果から、Gateway 製品を選択します。 DVD イメージのリストが表示されます。
  5. 「Service Pack」列の「0000」はベース リリースを示し、「01」などの数字はサービス パックのリリースを示します。
  6. ハード ドライブに適切なアーカイブをダウンロードし、それらを解凍します。
  7. アーカイブ内で必要なパッチ ファイルを見つけて、ハード ドライブ上の一時的な場所にコピーします。
    ヒント:
    必要なパッチ ファイルの名前については、「更新ファイルのリスト」を参照してください。
  8. Gateway の以下のディレクトリにパッチ ファイルをコピーします。
    /opt/SecureSpan/Controller
累積リリース パッチ ファイルの入手
メジャー リリースの間には、以下のサイトで累積リリースがあるかどうかを定期的に確認してください。 これらが利用可能な場合は、サポートから事前通知の電子メールを受け取ります。
Gateway の累積リリース パッチ ファイルをダウンロードする方法
パッチのインストール
パッチをインストールする方法
  1. root
    ユーザとしてログインします。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    # /opt/SecureSpan/Controller/bin/patch.sh <target> <action>
    説明
    • <target>
      」は、パッチの API エンドポイント URI またはプロセス コントローラのホーム ディレクトリのいずれかです。指定しない場合、
      <target>
      はデフォルトで以下の場所になります。
      /opt/SecureSpan/Controller
    • 「<action>」
      は、以下の表のアクションのいずれかです。
  3. パッチのインストール後、Gateway を再起動するように求められる場合があります。
アクション
説明
upload
<filename>
Gateway に
<filename>
という名前のパッチをアップロードします。
install
<patch_ID>
識別子
<patch_ID>
を持ったパッチをインストールします。 このパッチは、
upload
アクションを使用してすでにアップロードされている必要があります。
パッチ ID は通常、拡張子を除いたパッチ ファイル名です。
パッチが正常にインストールされたことを示すメッセージが表示されます。 さらに設定が必要な場合、または Gateway の再起動が必要な場合は、画面にメッセージが表示されます。
delete
<patch_ID>
Gateway の登録済みのパッチのリストからアンインストールされたパッチを削除します。 これは、事前にアップロードした元の場所ではなく、内部リポジトリからパッチを物理的に削除します。
パッチを削除する場合は、以下の点に注意してください。
  • UPLOADED 状態のパッチのみを削除できます。
  • パッチの削除では、ステータスが NONE に設定されるだけです。パッチ自体はアプライアンスから物理的に削除されません。
  • 必要に応じて、削除されたパッチを再度アップロードおよびインストールできます。
list
Gateway に現在登録されているすべてのパッチおよびそのステータスを表示します。