仮想マシンの再イメージ化

以下の手順では、最新の Gateway ISO イメージから再イメージ化することにより、OVA 仮想マシンを更新する方法について説明します。
この手順を完了すると、マシンが消去され、新しい Gateway がインストールされます。 Gateway 9.4 から Gateway 10.0 に更新する場合、CentOS 7 がインストールされます。 MySQL レプリケーションには、ある程度のダウンタイムが必要です。
これらの手順を実行する前に、必ずシステムをバックアップしてください。 古いマシンが消去され、新しい仮想マシンがデフォルトのファクトリ設定でインストールされます。
開始する前に
以下のものがあることを確認します。
  • ESXi 内で実行中の Gateway 仮想マシン
  • 仮想マシンの設定を制御し、ISO ファイルをデータ ストアにアップロードするための権限
VM の再イメージ化
最新の Gateway ISO ファイルから再イメージ化する方法
  1. 以前の MySQL データベースのリストアを計画していますか?
    その場合は、続行する前に、新しい Gateway 10 のライセンス キーをインストールします。 「Gateway ライセンスの管理」を参照してください。
  2. 最新の Gateway ISO ファイルを ESXi にアップロードします。
  3. ESXi で、仮想マシンの電源をオフにします。 スナップショット機能を使用して、新しいスナップショットをバックアップとして作成します。
  4. [Edit Settings]
    に移動します。
  5. [Virtual Hardware]
    タブをクリックします。
    [CD/DVD Media]
    セクションで
    [Browse]
    をクリックし、新しいイメージ用の ISO ファイルを選択します。
  6. [VM Options]
    タブをクリックします。 [Force BIOS Setup]セクションで、強制的に BIOS セットアップ画面に進むためのチェック ボックスをオンにします。
  7. OK
    ]をクリックします。
  8. 仮想マシンの電源をオンにします。 BIOS セットアップ ユーティリティの
    [Boot]
    で、CD-ROM がハード ドライブの前に表示されるように起動順序を変更します。
  9. 設定を保存すると、マシンが再起動します。 CA technologies の画面が表示されます。 Enter キーを押して、デフォルトの
    vmware
    値を使用します。 インストールが開始されます。 新しい OS がインストールされると、VM の電源がオフになります。
  10. VM の電源がオフの状態で、
    [Virtual Hardware]
    タブの
    [Edit Settings]
    に戻り、CD/DVD ドライブの
    [Connect]
    チェック ボックスをオフにします。 これにより、電源をオンにしたときに、マシンが CD-ROM から起動しなくなります。
  11. VM の電源をオンにします。 初回実行時の起動スクリプトが自動的に実行されます。 ユーザ アクションは必要ありません。 スクリプトが完了するまで 5 分以上かかる場合があります。 スクリプトが完了すると、VM の電源が自動的にオフになります。
  12. VM の電源をもう一度オンにします。 ISO イメージから作成された新しいバージョンの Gateway が画面に表示されます。
VM がアップグレードされたら、自動急速手順または手動の手順を使用して、設定またはカスタマイズを続行します。