ポリシーの考え方

Gateway 製品ラインは、API およびサービスの領域を対象として、ネットワークおよびセキュリティ インフラストラクチャに組み込まれます。 Gateway は、モバイル アプリケーションから Web ブラウザ、ビジネス システムまで、さまざまな外部クライアント ソフトウェアからのネットワーク リクエストおよび応答を詳しく検査するリバース プロキシとして機能します。Gateway は、API およびサービスを攻撃から保護し、安全に公開できるようにします。 また、複合機能への関連 API コールのオーケストレーションを実行するために使用することもできます。
gateway83
Layer7 API Gateway
製品ラインは、API およびサービスに重点を置いており、ネットワークとセキュリティ インフラストラクチャの一部です。 Gateway は、モバイル アプリケーションから Web ブラウザ、ビジネス システムまで、さまざまな外部クライアント ソフトウェアからのネットワーク リクエストおよび応答を深く検査するリバース プロキシとして機能します。
Layer7 API Gateway
は、API およびサービスを攻撃から保護し、安全に公開できるようにします。 また、複合機能への関連 API コールのオーケストレーションを実行するために使用することもできます。
ワークフロー製品や ESB とは異なり、Gateway では非常に長く存続するワークフローを管理することはできません。そのため、一部の純粋な ESB またはワークフローのユース ケースには適していません。
以降のセクションでは、以下について説明します。
  • 製品がどのように機能し、ポリシーの作成者や設計者に重要な情報を提供するか。
  • Gateway の設定方法、およびそれらの設定項目の使用方法についての中心概念。
  • ポリシー言語が一般的なユース ケースにどのように対応できるか。
  • 企業環境間で設定を移動するための戦略を策定するためのエンタープライズ展開のベストプラクティス。