Replace Tag Content アサーション

Replace Tag Content アサーションは、(HTML/XML が適切な形式でない場合でも)HTML または XML ファイルでのタグ内のコンテンツの検索と置換機能を提供します。
gateway90
Replace Tag Content
アサーションは、(HTML/XML が適切な形式でない場合でも)HTML または XML ファイルでのタグ内のコンテンツの検索と置換機能を提供します。
このアサーションは、Gateway がクライアントにルート レスポンスを返す前にそのルート応答内の HTML コンテンツを操作する必要がある、リバース Web プロキシ シナリオで特に役立ちます。
Evaluate Regular Expression アサーションは、レスポンス内でコンテンツを検索して置き換えるためにも使用できますが、HTML コードの選択領域のみを選択して変更する正規表現を作成するのは困難です。
ユース ケース例: 一部の HTML タグ(アンカー、スクリプトなど)には、クライアントに認識されていない Web アプリケーション ホストを参照するコンテンツまたは属性が含まれる可能性があります。
Replace Tag Content アサーションを使用して、Web アプリケーションへのリバース プロキシとしての役割を果たしている Gateway ホストへの参照を変更します。
このアサーションのターゲット メッセージの選択については、「ターゲット メッセージの選択」を参照してください。
アサーションの使用
  1. 以下のいずれかを実行します。
    • アサーションをポリシー作成ウィンドウに追加するには、「アサーションの追加」を参照してください。
    • 既存のアサーションの設定を変更するには、下記の手順 2 に進みます。
  2. アサーションを追加すると、[Replace Tag Content Properties]ダイアログ ボックスが自動的に表示されます。アサーションを変更する場合は、ポリシー ウィンドウで
    <target>:
    Replace...]
    を右クリックして[
    Replace Tag Content Properties
    ]を選択するか、ポリシー ウィンドウでアサーションをダブルクリックします。このアサーションのプロパティが表示されます。 
  3. 以下のようにプロパティを設定します。
    設定
    説明
    Search For
    検索する文字列を入力します。コンテキスト変数を参照することもできます。
    デフォルトでは、大文字と小文字が区別されます。大文字と小文字を区別しない場合は、[
    Ignore Case
    ]チェック ボックスをオンにします。
    Replace With
    置換テキストを入力します。コンテキスト変数を参照することもできます。
    Within Tags
    検索するタグを指定します(大文字と小文字の区別はありません)。複数のタグは、カンマで区切ります。コンテキスト変数を参照することもできます。
  4. 完了したら、[
    OK
    ]をクリックします。