サービスの解決パスの変更

Web サービスは、解決パスなし(この場合、デフォルトの Gateway URI 「/ssg/soap」が使用されます)として設定するか、またはカスタム解決パスを設定できます。 詳細については、「サービス プロパティ」の「解決パスについて」を参照してください。
gateway
Web サービスは、解決パスなし(この場合、デフォルトの Gateway URI 「/ssg/soap」が使用されます)として設定するか、またはカスタム解決パスを設定できます。 詳細については、「サービス プロパティ」の「解決パスについて」を参照してください。
サービスの解決パスを変更する方法
  1. 以下のいずれかを実行することにより、サービス プロパティを開きます。
    • サービスおよびポリシー リストの Web サービスまたは XML アプリケーションを右クリックして、[
      Properties
      ]を選択します。
    • メイン メニューから、[
      File
      ]-[
      Service Properties
      ]を選択します。
  2. [HTTP/FTP]タブを選択します。 現在の解決パスが[
    Service Resolution
    ]に表示されます。
  3. 必要に応じて、解決パスを変更します。 設定の説明については、「サービス プロパティ」の「[HTTP/FTP]タブの設定」を参照してください。