サービスの無効化

サービスを一時的に使用不可にする必要がある場合、サービスを無効にすることができます。 無効にすると、サービスのアイコンが になり、リクエストがすべて拒否されます。
gateway83
サービスを一時的に使用不可にする必要がある場合、サービスを無効にすることができます。 無効にすると、サービスのアイコンが Disabled_Service_icon.png になり、リクエストがすべて拒否されます。
無効化は、サービスの削除に代わる良い方法です。
サービスの無効化は、Policy Manager が接続しているノード上ですぐに実行されます。 クラスタ内のその他のノードでは、無効になるまでに約 20 秒かかる可能性があります。
サービスを無効にする方法
  1. 以下のいずれかを実行することにより、サービス プロパティを開きます。
    • サービスおよびポリシー リストの Web サービスまたは XML アプリケーションを右クリックして、[
      Properties
      ]を選択します。
    • メイン メニューから、[
      File
      ]-[
      Service Properties
      ]を選択します。
  2. [General]タブで、[
    Disable
    ]を選択します。
  3. OK
    ]をクリックします。 サービスが無効になり、このサービスへのリクエストがすべて拒否されます。