Join Variable アサーション

Join Variable アサーションは、複数値コンテキスト変数内の値を、ユーザ定義の文字列を使用して各値を連結することによって、単一値コンテキスト変数に組み立てます。
gateway90
Join Variable アサーションは、複数値コンテキスト変数内の値を、ユーザ定義の文字列を使用して各値を連結することによって、単一値コンテキスト変数に組み立てます。
例:
入力変数「${varIn}」は、"one"、"two"、"three" の値を持つ複数値コンテキスト変数です。この変数を、区切り文字「+」を使用して「${varOut}」変数として結合すると、"one+two+three" の値を持つ単一値コンテキスト変数になります。
「${variable|;}」構文(「|」文字の後の値が区切り文字列)を使用して結合を実現することもできます。たとえば、上記の例では、「${varIn|+}」でも "one+two+three" の値が生成されます。詳細については、「複数値のコンテキスト変数の使用」にある「展開時の連結オプション」を参照してください。
アサーションの使用
  1. 以下のいずれかを実行します。
    • アサーションをポリシー作成ウィンドウに追加するには、「アサーションの追加」を参照してください。
    • 既存のアサーションの設定を変更するには、下記の手順 2 に進みます。
  2. アサーションを追加すると、[Join Variable Properties]ダイアログ ボックスが自動的に表示されます。アサーションを変更する場合は、ポリシー ウィンドウで
    [Join variable <
    source
    > into <
    target
    >...]
    を右クリックして
    [Join Variable Properties]
    を選択するか、ポリシー ウィンドウでアサーションをダブルクリックします。このアサーションのプロパティが表示されます。 
  3. 以下のようにプロパティを設定します。
    設定
    説明
    Source Variable
    結合するソース値が含まれているコンテキスト変数を入力します。これは複数値コンテキスト変数である必要があります。
    Target Variable
    接合結果を保持するコンテキスト変数を入力します。この変数がすでに存在していない場合は、作成されます。
    Join Value
    結合される値の区切り文字として使用する任意の文字列を入力します。デフォルトはカンマ(「,」)です。
  4. 完了したら、[
    OK
    ]をクリックします。