ターゲット メッセージの選択

多くのアサーションが特定のターゲット メッセージ(リクエスト、応答またはコンテキスト変数)に適用できます。デフォルトのターゲットは、アサーションがルーティング アサーションの前に出現するか後に出現するかによって異なります。
gateway90
多くのアサーションが特定のターゲット メッセージ(リクエスト、応答またはコンテキスト変数)に適用できます。デフォルトのターゲットは、アサーションがルーティング アサーションの前に出現するか後に出現するかによって異なります。
 
ターゲット メッセージを選択する前に、アサーションがポリシー内の正しい位置あることを確認してください(警告用のポリシー検証機能を参照)。たとえば、アサーションがルーティング アサーションの前に表示される場合に、ターゲット メッセージとして「応答」を指定すると、正しい結果を返しません。
 
ターゲット メッセージを選択する方法
  1. アサーションをポリシー作成ウィンドウに追加します。
  2. アサーションを右クリックして、コンテキスト メニューから[Select Message Target]を選択します。
    [Message Target]ダイアログ ボックスが表示されます。
    [Message Target]ダイアログ ボックスが読み取り専用(つまり、編集可能でない)である場合、指定されたアサーションがライセンスに含まれていない
    Layer7 API Gateway
    にポリシーがインポートされたことが原因である可能性があります。
    Layer7 API Gateway
    の各バージョンでライセンスされているアサーションのリストについては、「製品別の機能」を参照してください。
  3. メッセージのターゲットを指定します。
    • Request
      : ターゲットはリクエスト メッセージです。これには受信リクエスト(クライアントから
      Layer7 API Gateway
      へのメッセージ)および送信リクエスト(
      Layer7 API Gateway
      から Web サービスへのメッセージ)の両方が含まれます。
    • Response
      : ターゲットは応答メッセージです。これには受信応答(Web サービスから
      Layer7 API Gateway
      へのメッセージ)および送信応答(
      Layer7 API Gateway
      からクライアントへのメッセージ)の両方が含まれます。
    • Other Context Variable
      : ターゲットは指定されたコンテキスト変数です。この変数は Message 型である必要があり、事前定義済みであるか、ポリシー内でアサーションより前に設定されている必要があります。メッセージ 変数の詳細については、前述の「コンテキスト変数のデータ型」を参照してください。
    • ${variableName}
      形式で、フィールドにコンテキスト変数を入力します。
  4. OK
    ]をクリックします。
    メッセージ ターゲットは、ポリシー ウィンドウ内でアサーション内の「Request」、「Response」または「
    ${variableName}
    」プレフィックスによって示されます。
    例:
    Request: Authenticate against XYZ
    Response: Add signed Timestamp