WSDL の作成

WSDL の作成ウィザードは、サービスの公開に使用する新しい WSDL ドキュメントを作成するために使用します。この WSDL ドキュメントは、カスタム作成するか、または既存の WSDL ドキュメントから構成することができます。ウィザードの手順は、WSDL ドキュメント内の 6 つの主な要素および子要素に対応しています。
WSDL の作成ウィザードは、サービスの公開に使用する新しい WSDL ドキュメントを作成するために使用します。この WSDL ドキュメントは、カスタム作成するか、または既存の WSDL ドキュメントから構成することができます。ウィザードの手順は、WSDL ドキュメント内の 6 つの主な要素および子要素に対応しています。
WSDL の作成ウィザードは、WSDL 1.1 標準をサポートしています。
WSDL の作成ウィザードは、WSDL、XML、SOAP、および SOAP プロトコルに精通している上級ユーザを対象にしています。要件を満たす WSDL ドキュメントがすでにある場合は、[Publish SOAP Web Service Wizard]を代わりに使用します。
ウィザードの使用
WSDL の作成ウィザードにアクセスするには、以下のいずれかの手順に従います。
  • ホーム ページの[
    Create WSDL
    ]をクリックします。
  • メイン メニューから
    [Tasks]
    -
    [Services and APIs]-[Create WSDL]
    を選択します。
  • サービスおよびポリシー リストの上部のルート フォルダを右クリックして、[
    Create WSDL
    ]を選択します。
以下の手順に従って、ウィザードを完了します。
設定プロセス中に[
Preview
]をクリックすると、その Web サービス用の作成中の WSDL をいつでも表示できます。
手順 1: Overview
この手順では、ウィザードの概要が示されます。
Next
]をクリックして続行します。
手順 2: Compose WSDL
[Compose WSDL]画面では、既存の WSDL を構成するかまとめて、その他の WSDL から要素をコピーして WSDL ドキュメントを作成できます。この機能を使用すると、Gateway に「仮想サービス」を公開できます。これにより、Gateway で個別の WSDL を使用して、複数のサービスのリクエストをプロキシできます。
独自の WSDL ドキュメントを構成せず、独自のメッセージ、操作、ポート タイプ/バインディングなどだけを定義する場合は、何も入力せずに[
Next
]をクリックし、ウィザードの手順 3 に進みます。
WSDL ドキュメントを構成する方法
  1. 独自の WSDL を構成するために必要な要素が含まれる WSDL をページの上部のリストに入力します。
    • WSDL をリストに追加するには、[
      Add WSDL
      ]をクリックして[Choose WSDL]ダイアログ ボックスを表示します。[Location]フィールドに、新しい Web サービスの WSDL を解決する URL を入力します。
    • URL のオプション(認証情報の指定やプロキシ設定など)を設定するには、
      [HTTP Options]
      をクリックして[Manage HTTP Options]ダイアログ ボックスを開きます。
    または
    • WSDL がファイルに含まれている場合は、[
      File
      ]をクリックし、そのファイルを選択します。
    • WSDL を UDDI レジストリから取得する場合は、[
      UDDI
      ]をクリックして、[Search UDDI]ダイアログ ボックスを完了します。詳細については、「UDDI レジストリの検索」を参照してください。
      注:
      Layer7 API Gateway
      では UDDI のサポートは廃止されています。
  2. WSDL のリストから、WSDL に追加する操作が含まれる WSDL を選択します。追加する操作は、[Operation]タブの[Source WSDL]リストに表示されます。
    WSDL のその他の要素に関する詳細が含まれるツリーを表示するには、[Source Preview]タブを選択します。
  3. ターゲットの WSDL に操作を追加するには、[Operation]タブで
    [Source WSDL]
    リストから操作を選択して、
    [Add]
    をクリックします。これにより、選択した操作が[
    Resulting WSDL
    ]リストに追加されます。
    ターゲットの WSDL から操作を削除するには、
    [Resulting WSDL]
    リストから操作を選択して、
    [Remove]
    をクリックします。
    操作の追加および削除は、作成中の WSDL ドキュメントの生成にのみ影響します。ポリシーでどの WSDL 操作を除外するかは定義する必要はありません。これは、SOAPAction が Gateway のサービス解決で定義されているかどうかに依存します。操作の使用を適切に制限するには、サービス ポリシーに Evaluate WSDL Operation アサーションを含める必要があります。
  4. 作成された WSDL に問題がなくなるまで、手順 2 および 3 を繰り返します。
ここで構成した WSDL ドキュメントは、ウィザードの残りの手順でさらに調整できます。選択した操作に必要なメッセージおよび操作はすべて作成中の WSDL ドキュメントに追加されます。
手順 3: Definition
[Definition]手順では、ルート定義要素およびその子要素を設定します。これらの要素は、Web サービスの詳細を定義します。
以下のようにウィザードのこの手順を設定します。
  • Name:
    Web サービスのわかりやすい名前を入力します。この名前は[Services and Policies ]リストに表示されます。
  • Target Namespace:
    ウィザードには、Web サービス アプリケーションに関連する推奨ネームスペースがあらかじめ入力されています。必要に応じて、調整を行います。このネームスペースは、URL または SOAP ペイロードのネームスペース URI です。
    ネームスペースと SOAPAction の組み合わせによって、Web サービスの一意性が決まります。Policy Manager は公開プロセス中に一意性を確認し、Web サービスの WSDL が一意でなければ、別の URI を要求します。
    ネームスペースは URL に似ていますが、必ずしも Web ベースのリソースを指していません。可能な限り、相対 URI ネームスペースを使用しないようにします。URI ネームスペースは、XML の正規化の問題を引き起こし、XML セキュリティ アサーションで見られるようなメッセージ レベルのセキュリティが使用できなくなることがあります。
  • Default Namespace:
    デフォルトの URI である
    http://schemas.xmlsoap.org/wsdl/
    が表示されます。URI は、WSDL ドキュメント内の主な要素のネームスペースの指定に使用されます。必要に応じて、調整を行います。
  • Namespace Details:
    ネームスペースに関する情報が表示されます。この情報はここでは編集できません。
手順 4: Messages
[Messages]手順では、メッセージの要素を設定します。Web サービスには、Web サービスのクライアントとサーバの間の通信を定義する 1 つ以上の論理的な部分を持った複数のメッセージが含まれます。
以下のようにウィザードのこの手順を設定します。
  • Message List:
    デフォルトのエントリをダブルクリックし、メッセージ タイプのわかりやすい名前(例: 「GetQuoteResponse」)に置き換えます。メッセージ名を追加するには、[
    Add
    ]をクリックして、このプロセスを繰り返します。メッセージ名を削除するには、メッセージ名を選択し、[
    Remove
    ]をクリックします。
  • Message Part List:
    メッセージ部分を追加するには、[
    Add
    ]をクリックします。[
    Name
    ]の下のデフォルト名をダブルクリックし、メッセージ部分のわかりやすい名前(例: 「stockSymbol」)に置き換えます。[
    Type
    ]ドロップダウン リストから部分のタイプを選択します。メッセージ部分を削除するには、メッセージ部分を選択し、[
    Remove
    ]をクリックします。
メッセージおよび部分を必要なだけ追加するために繰り返します。
手順 5: Port Type and Operations
[Port Type and Operations]手順では、Web サービスで使用される操作のセットが含まれるポート タイプ要素を設定します。操作はそれぞれ、前の[Messages]手順で設定された 1 つの入力メッセージおよび 1 つの出力メッセージを参照します。
以下のようにウィザードのこの手順を設定します。
  • Name:
    ポート タイプのわかりやすい名前(例: 「StockInfo」)を入力します。
  • Operation List:
    操作を追加するには、[
    Add
    ]をクリックします。[Name]の下のデフォルト名をダブルクリックし、操作のわかりやすい名前(例: 「getQuote」)に置き換えます。ドロップダウン リストから適切な[
    Input Message
    ]および[
    Output Message
    ]を選択します(これらのメッセージはウィザードの手順 4 で定義されています)。操作を削除するには、操作を選択し、[
    Remove
    ]をクリックします。
手順 6: Bindings
[Port Type Bindings]手順では、メッセージ形式およびプロトコルの詳細を管理するバインディング定義を指定するバインディング要素を設定します。
以下のようにウィザードのこの手順を設定します。
  • Name:
    ポート タイプ バインディングのわかりやすい名前(例: 「StockServiceSOAPBinding」)を入力します。
  • Style:
    ドロップダウン リストから操作のメッセージ形式を選択します。
  • Transport:
    デフォルトのネームスペース URI が表示されます。この URI は、WSDL ドキュメント内の転送に固有の要素のネームスペースです。このフィールドは表示のみです。
  • Operations:
    ウィザードの手順 5 で定義した操作がリスト表示されます。表示された SOAP アクションのいずれかを変更する必要がある場合は、エントリをダブルクリックし、必要に応じて編集します。
手順 7: Service
[Service]手順では、Web サービス エンドポイント アドレス(URL)およびアクセス ポートを定義するサービス要素を設定します。
以下のようにウィザードのこの手順を設定します。
  • Name:
    サービス要素のわかりやすい名前(例: 「StockQuote」)を入力します。
  • Port:
    Web サービスのデフォルトのアクセス ポートが表示されます。このデフォルトを変更しないでください。
  • Binding:
    ウィザードの手順 6 で入力したポート タイプ バインディング名が表示されます。
  • Address:
    デフォルトの URL
    http://localhost:8080/ws/NewServiceName
    が表示されます。
    • 「localhost」は Web サービスをホストするサーバのホスト名です。
    • 「8080」は Web サービスにアクセスできる TCP ポートです。
    • 「ws/」は Web サービスが含まれている可能性があるサンプル フォルダです
    • 「NewServiceName」は[Name]フィールドに入力した Web サービス名です。
Web サービスの有効な URL を作成するために、必要に応じてアドレスを調整します。
Address
]フィールドの URL によって、デフォルトの Web サービスのメッセージ ルーティング アサーションが決まります。
Address
]フィールドのデフォルトの URL を[
Name
]および[
Port
]フィールドに入力した情報で更新するには、[
Back
]をクリックしてから、[
Next
]をクリックします。
すべてが正しいことを確認したら、[
Finish
]をクリックしてサービスを公開します。無効な Web サービスがサービスおよびポリシー リストに追加されます。ここで以下を実行する必要があります。
競合するサービス解決を指定した場合は、競合を修正するか、そのまま続行するか、または公開をキャンセルします。