SOAP Web サービスの公開

Policy Manager に従って、Web サービスの公開プロセスを実行します。
gateway83
Policy Manager に従って、Web サービスの公開プロセスを実行します。
  • 既存の WSDL (Web Services Description Language)ドキュメントを持つ Web サービスを公開する場合、SOAP Web サービスの公開ウィザードでは Web サービスの場所、アクセス認証情報、および Gateway アクセス オプションを簡単に入力できます。
  • WSDL ドキュメントがない Web サービスを公開する場合、WSDL の作成ウィザードでは、Web サービスのビジネス サービス、トランザクション、および電子アクセス手順について記述した WSDL 要素を簡単に設定できます。
Web サービスを公開すると、以下が行われます。
  1. Web サービスが Policy Managerのサービスおよびポリシー リストに追加されます。
  2. ポリシー作成ウィンドウに Web サービスの初期ポリシーが表示されます。
  3. 許可されたクライアントが Gateway を介して Web サービスにアクセスできるようになります。
WSDL ドキュメント内に少なくとも 1つの HTTP(S) エンドポイントが宣言されている限り、公開プロセスでは Route via HTTP(S) アサーションがポリシーに追加されます。HTTP(S) エンドポイントが WSDL で定義されていない場合、適切なルーティング アサーションをポリシーに手動で追加する必要があります。
Policy Manager では、SOAP Web サービスと非 SOAP アプリケーションが区別されます。非 SOAP アプリケーションを公開または編集する方法については、「非 SOAP アプリケーションの公開」を参照してください。
同じ Web サービスの複数のインスタンスにそれぞれ一意の解決 URI が含まれている場合、そのインスタンスを公開できます。公開後、Policy Manager では、Web サービスの WSDL コードを表示し、既存のポリシーを変更せずに確立された WSDL ドキュメントから Web サービスの WSDL を変更またはリセットできます。
SOAP サービスを公開すると、セキュリティ ゾーンが含まれるデフォルト ポリシーが作成されます。サービスを公開するためには、少なくともこれらのアサーションに対する読み取り権限が必要です(たとえば、ユーザ自身を「Manage X Zone」ロールに追加します)。
以下の表からタスクを選択します。
タスク
参照先
既存の WSDL ドキュメントを持つ SOAP Web サービスの公開
SOAP Web サービスを公開する前の WSDL ドキュメントの作成
公開済みのサービスの削除
カスタム ルーティング URI の指定
公開サービスのプロパティ、「[HTTP/FTP]タブの設定」
Web サービスの WSDL の表示、編集、リセット
公開サービスのプロパティ、「[WSDL]タブの設定」