承認/遮断送信者リストについて

組織の承認/遮断送信者リストを定義できます。 公開遮断リストやカスタム遮断リストに含まれていても電子メールを受信したい承認送信者を IP アドレス、ドメイン名、電子メールアドレスで指定します。 遮断する送信元とは電子メールをブロックする必要のある IP アドレス、ドメイン、電子メールアドレスです。
承認/遮断送信者リストはグローバルレベル、グループレベル、ユーザーレベルで定義できます。 たとえば、一部のユーザーに対して、自身のリストの管理と他のユーザーのリストの管理を許可することができます。 また、最初にユーザーのリストを定義してから、個々のユーザーが Email Quarantine でこれらのリストを管理することもできます。
承認/遮断送信者リストはドメインレベルでは定義できません。 承認/遮断送信者リストは次のように定義します。
  • ポータルのリストにエントリを手動で追加する。
  • 既存のリストをダウンロードし、ローカルで編集してから修正したリストを再びポータルにアップロードする。
ポータルは次の形式のエントリを受け入れます。
  • ワイルドカードのある IP アドレスまたは CIDR 表記(/1 から /32)
  • ドメイン名
  • 電子メールアドレス
グループの承認/遮断送信者リストの最大エントリ数はそれぞれ 150 エントリで、合計 300 エントリです。
ユーザーの承認送信者リストにドメイン名を含めないでください。 ドメイン名を含めると組織のセキュリティ上の弱点を知らせることになります。 スパマーが、スパム対策スキャンをバイパスして送信しようとする電子メールアドレスを、ターゲットの電子メールドメイン (ユーザーのドメイン) に一致するように詐称する場合があるためです。 代わりに、相手の送信 IP アドレスを含めます。
除外リストのユーザーは承認送信者や遮断送信者として追加できません。