ポリシーについて

[ポリシー]
ページの EDR アプライアンスコンソールでポリシーを作成および表示します。
拒否リスト
ユーザーは、拒否リスト内のアイテムへのアクセスを遮断されます。拒否リストは、脅威と識別されていないものの信頼できないと考えられているアイテムで、シマンテックのグローバル拒否リストを補足します。
許可リスト
ユーザーは、許可リスト内のアイテムへのアクセスが許可されます。これらは信頼できると判断したアイテムであるため、エンドポイントが許可リスト内のアイテムにアクセスしても、
Symantec EDR
はアクションを実行しません。
レコーダ
監視する実行元/プロセスについてのルールを作成し、エンドポイントアクティビティレコーダに記録して Symantec EDR に送信します。または、実行元/プロセスイベントが無害であることがわかっているため、監視しないように選択することもできます。
ポリシーを作成するには、管理者またはコントローラの役割を持つ必要があります。