システムログとクイックレポート

システムログには、イベント時間、イベントの種類、サイト、ドメイン、サーバー、重大度に関する情報が含まれます。
次の種類のシステムログが利用できます。
  • 管理
    利用可能な情報には、イベントの日時と種類、関係したドメイン、サイト、サーバー、重大度、管理者、説明などの項目があります。
  • クライアント/サーバー活動
    利用可能な情報には、イベントの日時と種類、関係したドメイン、サイト、サーバー、クライアント、ユーザー名などの項目があります。
  • サーバー活動
    利用可能な情報には、イベントの日時と種類、関係したサイトとサーバー、重大度、説明、メッセージなどの項目があります。
  • クライアント活動
    利用可能な情報には、イベントの日時と種類、イベント元、ドメイン、説明、サイト、コンピュータ、重大度などの項目があります。
システムログの表示の[追加設定]フィルタオプション」はログの追加設定フィルタオプションを示します。
システムログの表示の[追加設定]フィルタオプション
オプション
説明
エラーメッセージ
表示するエラーメッセージイベントの種類を指定します。
このオプションは、
管理
ログと
サーバー活動
ログにのみ利用できます。
クライアント
情報を表示するクライアントを指定します。
このオプションは、
クライアント/サーバー活動
ログにのみ利用できます。
イベント元
情報を表示する、イベントを生成したソフトウェアコンポーネントを指定します。たとえば、イベント元は
sylink
(サーバーへの通信リンク)である可能性があります。
このオプションは、
クライアント活動
ログにのみ利用できます。
  • イベントの種類
  • 重大度
  • サイト
  • ドメイン
  • サーバー
  • ユーザー
これらのフィールドの一部では、カンマで区切ったリストを入力として使えます。任意の 1 文字と一致するワイルドカード文字の疑問符(?)、および任意の文字列と一致するアスタリスク(*)が使えます。[...]をクリックして、既知のサイトのリストから選択することもできます。
システムのクイックレポートの[追加設定]フィルタオプション
オプション
説明
イベントの種類
情報を表示するイベントの種類を指定します。
たとえば、
エラーを生成する上位クライアント
レポートでは、
[インストールイベント]
または
[ポリシーイベント]
を選択できます。
たとえば、
エラーを生成する上位サーバー
レポートでは、
[データベース保守イベント]
または
[管理外コンピュータイベントを検索]
を選択できます。
エラーメッセージ
情報を表示するエラーメッセージの種類を指定します。
このオプションは、
[エラーを生成する上位サーバー]
レポートと、
[一定期間にわたるデータベース複製エラー]
レポートにのみ利用できます。
イベント元
情報を表示する、イベントを生成したソフトウェアコンポーネントを指定します。たとえば、イベント元は
sylink
(サーバーへの通信リンク)である可能性があります。
このオプションは、
[エラーを生成する上位クライアント]
レポートにのみ利用できます。
[サイトの状態]
レポートには、[追加設定]フィルタオプションがありません。
管理者と限定管理者がレポートを表示すると、システム管理者に表示される情報の一部が表示されます。情報には、セキュリティの概略、インストールされているクライアントの総数、オンラインになっているクライアントの数が含まれます。