定時レポート: 定時レポートの追加または定時レポートの編集

新しい定時レポートを追加または既存の定時レポートを編集するためにこのダイアログボックスを使います。
定時レポートの設定オプション
オプション
説明
レポート名
定時レポートを識別します。
説明
後で参照できるように、定時レポートとその中の情報について説明します。
この定時レポートを有効にする
設定したスケジュールでレポートが実行されるように指定します。
このオプションはデフォルトで有効になっています。
レポートの種類
スケジュール設定するレポートの種類を指定します。次のサイトを参照してください。
レポートの選択
[レポートの選択]
ボックスでは、スケジュール設定するレポートの名前を選択します。
選択できるオプションは選択された
[レポートの種類]
によって異なります。
保存したフィルタを使う
保存されたフィルタ設定を指定するか、デフォルト設定を使います。
保存したフィルタを定時レポートに関連付けるときには、フィルタにカスタム日付が含まれていないことを確認します。フィルタでカスタム日付が指定されていると、レポートが実行されるたびに同じレポートを受け取ります。
実行間隔
レポートが受信者に電子メールで送信される頻度を指定します。時間、日、週、月のいずれかの間隔を選択できます。
定時レポートで使われる日付は、データベースで 1 時間ごとに更新されます。このオプションを使うことにより、レポートは、設定した時刻に設定した時間間隔で、受信者に電子メールで送信されます。
Symantec Endpoint Protection
によってレポートが電子メールで送信される時刻に、データは 1 時間以内に送信されます。
開始まで
レポートが次回実行される日付(YYYY/MM/DD)と時刻(何時何分)を指定します。
Send this report to System Administrators
各管理者の電子メールアドレスにこのレポートを送信します。データは、設定された時間にデータベースから取得され、.mht 添付ファイルとしてシステム管理者に電子メールで送信されます。
電子メール通知が機能するようにメールサーバーのプロパティが設定済みである必要があります。
このレポートを次のカンマ区切り電子メールアドレスに割り当てる
レポートの受信者またはそのリストを指定します。データは、設定された時間にデータベースから取得され、.mht 添付ファイルとしてこれらの受信者に電子メールで送信されます。
電子メール通知が機能するようにメールサーバーのプロパティが設定済みである必要があります。
詳しい情報