ネットワークアーキテクチャの注意事項

会社のネットワークアーキテクチャを考慮せず、テスト目的で
Symantec Endpoint Protection
をインストールできます。
Symantec Endpoint Protection Manager
を少数のクライアントとともにインストールして、機能に慣れることができます。
実働クライアントをインストールする準備ができたら、組織構造とコンピューティングニーズに基づいて配備を計画してください。
配備を計画するときには、次の要素を考慮してください。
  • Symantec Endpoint Protection Manager
    管理者は
    Symantec Endpoint Protection Manager
    を使って、セキュリティポリシーとクライアントコンピュータを管理します。
    Symantec Endpoint Protection Manager
    がインストールされているコンピュータのセキュリティと可用性を考慮する必要があります。
  • リモートコンソール
    管理者は、コンソールソフトウェアを実行して
    Symantec Endpoint Protection Manager
    にアクセスするリモートコンピュータを使うことができます。 管理者は、オフィスから離れているときにリモートコンピュータを使うことがあります。 リモートコンピュータがリモートコンソールの必要条件を満たしていることを確認してください。
  • ローカルおよびリモートコンピュータ
    リモートコンピュータのネットワーク接続は低速であることがあります。 ローカルコンピュータのインストールに使った方法とは異なるインストール方法を使うことができます。
  • ノートパソコンなどの持ち運び可能なコンピュータ
    ノートパソコンは、定期的なスケジュールではネットワークに接続しないことがあります。 ポータブルコンピュータに、LiveUpdate スケジュールを有効にする LiveUpdate のポリシーを設定すると便利です。 定期的にチェックインしないポータブルコンピュータは、他のポリシー更新を取得しません。
  • 安全な領域にあるコンピュータ
    安全な領域内にあるコンピュータは、安全な領域内にないコンピュータとは異なるセキュリティ設定を必要とする場合があります。
クライアントをインストールする予定のコンピュータを識別します。
Symantec Endpoint Protection Manager
を実行しているコンピュータを含め、すべての非保護コンピュータにクライアントソフトウェアをインストールすることをお勧めします。