Symantec Endpoint Protection クライアントのインストールの管理

Symantec Endpoint Protection
は、物理または仮想に関係なく、保護するあらゆるコンピュータのクライアントにインストールする必要があります。
クライアントコンピュータのインストールタスク
処理
説明
クライアントコンピュータの識別
クライアントソフトウェアをインストールするコンピュータを識別します。すべてのコンピュータで、サポート対象のオペレーティングシステムを実行していることを確認します。
シマンテック社は
つの Symantec Endpoint Protection Manager
をホストするコンピュータでクライアントをインストールすることも推奨します。
最新のシステム必要条件について詳しくは、「Endpoint Protection のすべてのバージョンのリリースノート、修正項目、システム要件」を参照してください。
コンピュータグループの識別(任意)
クライアントを追加するコンピュータグループを識別します。たとえば、クライアントを追加するグループは、コンピュータの種類に基づいて、会社組織に合わせて、または必要なセキュリティレベルに合わせて決定できます。クライアントソフトウェアをインストールする前か後にこれらのグループを作成できます。
Active Directory 構造のような既存のグループ構造をインポートすることもできます。
クライアントコンピュータの配備とインストールの準備
ユーザーがコンピュータの管理者権限を持たない場合は、リモートプッシュを使ってクライアントソフトウェアをリモートインストールします。リモートプッシュのインストールには、対象となるコンピュータのローカル管理者権限を持つクレデンシャルを入力する必要があります。
インストール後、コンピュータのリモートクライアント配備を準備して、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
との通信を準備します。
機能の決定とクライアントソフトウェアの配備
利用可能な方法のいずれかを使ってクライアントソフトウェアを配備します。カスタマイズされたクライアントパッケージをエクスポートし、後に配備したり、サードパーティ製ツールで配備したりできます。
Symantec Endpoint Protection
のインストールと同時にサードパーティのインストールを実行することは推奨しません。ネットワークレベルまたはシステムレベルの変更を加えるサードパーティプログラムをインストールすると、
Symantec Endpoint Protection
をインストールするときに望ましくない結果を引き起こすことがあります。可能な場合は、
Symantec Endpoint Protection
をインストールする前にクライアントコンピュータを再起動します。
インストール状態の確認
クライアントのインストールが成功したこととクライアントが
つの Symantec Endpoint Protection Manager
と通信することを確認します。管理下クライアントは、再起動後まで、コンソールに表示されないことがあります。
インストール後、管理対象外コンピュータを保護し、
Symantec Endpoint Protection
インストールのパフォーマンスを最適化するための追加手順を実行できます。