クライアント配備ウィザードを使ったクライアントのインストール方法の選択

つの Symantec Endpoint Protection Manager
をインストールしたら、クライアント配備ウィザードを使い、
Symantec Endpoint Protection
クライアントをインストールします。
クライアントのインストール方法
オプション
説明
パッケージの保存
このインストールオプションにより、管理サーバーに保存し、その後、クライアントコンピュータに配布する実行可能なインストールパッケージが作成されます。次にユーザーはクライアントソフトウェアをインストールします。そのため、コンピュータに対してローカルの管理者権限が必要になります。
このオプションを使用し、Windows、Mac、Linux クライアントをインストールできます。
リモートプッシュ
リモートプッシュインストールは、指定したコンピュータにクライアントソフトウェアをプッシュします。クライアントコンピュータでインストールが自動的に開始します。リモートプッシュインストールでは、ユーザーはコンピュータに対するローカルの管理者権限を必要としません。
このオプションを使用し、Windows と Mac クライアントをインストールできます。
Web リンクと電子メール
ユーザーは、クライアントソフトウェアをダウンロードおよびインストールするリンクを含んだ電子メールメッセージを受信します。次にユーザーはクライアントソフトウェアをインストールします。そのため、コンピュータに対してローカルの管理者権限が必要になります。
このオプションを使用し、Windows、Mac、Linux クライアントをインストールできます。
クライアント配備ウィザードを実行する前に、インストールオプションを見直し、必要に応じてカスタマイズし、インストール中にそれらのオプションを選択します。インストールオプションには、インストールする保護技術、インストール先のフォルダ、インストール後の再起動動作があります。