クライアントにインストールするセキュリティ機能の選択

クライアント配備ウィザードを使用して、Windows クライアントインストールパッケージを配備する場合、機能セットを選択する必要があります。機能セットは、クライアントにインストールする保護コンポーネントを指定します。デフォルトの機能セットを選択するか、機能セットをカスタマイズできます。コンピュータの役割やコンピュータに必要なセキュリティまたはパフォーマンスのレベルに基づいて、インストールする機能セットを決定します。
インストール後、すべての保護を必ず有効のままにします。
クライアントインストール機能セット (Windows)
機能セット
説明
クライアントの完全保護
ワークステーション、デスクトップ、ノートパソコンに推奨されます。
すべての保護技術が含まれます。ラップトップ、ワークステーション、デスクトップに適しています。完全なダウンロード保護とメールプロトコル保護が含まれます。
可能な限り、最大のセキュリティのために完全保護を使用してください。
サーバーの完全保護
サーバーに推奨されます。
電子メールスキャナ保護を除くすべての保護技術が含まれます。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
を含む、最大限のネットワークセキュリティを必要とするあらゆるサーバーに最適です。
サーバーの基本保護
高スループットサーバーに推薦されます。
ウイルスとスパイウェアの対策と基本ダウンロード保護が含まれます。侵入防止によりスループットが高いサーバーでパフォーマンスの問題が起きることがあるので、このオプションはネットワークのパフォーマンスを最大にする必要があるサーバーに適しています。
Mac クライアントのインストールパッケージは、ウイルスとスパイウェアの対策と侵入防止をインストールします。Mac クライアントのインストールパッケージのために機能をカスタマイズすることはできません。
Linux のクライアントインストールパッケージはウイルスとスパイウェアの対策のみをインストールします。
機能セットのカスタマイズ
保護のサブセットをインストールする場合は、カスタム機能セットを作成します。ただし、シマンテック社ではすべての保護をインストールすることを推奨しています。
Mac または Linux のクライアントインストールパッケージの機能はカスタマイズできません。
  1. カスタムクライアントインストール機能セットを作成するには
  2. コンソールで、
    [管理]
    >
    [インストールパッケージ]
    の順にクリックします。
  3. [クライアントインストール機能セット]
    >
    [クライアントインストール機能セットの追加]
    を選択します。
  4. [クライアントインストール機能セットの追加]
    ダイアログボックスで、名前と説明を入力し、クライアントにインストールする保護にチェックマークを付けます。
  5. [OK]
    をクリックします。