既存のセキュリティソフトウェアのアンインストール

Symantec Endpoint Protection
クライアントのインストール前に、新しいインストールパッケージを設定、配備して、既存のセキュリティソフトウェアをアンインストールできます。既存のセキュリティソフトウェアをアンインストールすると、
Symantec Endpoint Protection
クライアントがより効率的に実行されるようになります。既存のサードパーティのセキュリティソフトウェアまたは既存の
Symantec Endpoint Protection
クライアントを削除できます。
カスタムのクライアントインストール設定を作成または修正して、セキュリティソフトウェアのアンインストール機能を有効にできます。作成したカスタム設定を、配備の際に選択します。
サードパーティのセキュリティソフトウェアをアンインストールするのにこの機能を使うことができます。クライアントパッケージがどのサードパーティソフトウェアを削除するか確認するには、Endpoint Protection 14 でのサードパーティ製セキュリティソフトウェアの削除 を参照してください。一部のプログラムでは、特別なアンインストールルーチンがある場合や、自己防衛コンポーネントを無効にする必要がある場合があります。サードパーティソフトウェアのマニュアルを参照してください。
Mac または Linux クライアントパッケージでは、サードパーティのセキュリティソフトウェアを削除できません。
Symantec Endpoint Protection
クライアントパッケージを配備する前に、サードパーティのセキュリティソフトウェアをアンインストールする必要があります。
バージョン 14.2 では、サードパーティ製セキュリティソフトウェアの削除機能が変更され、以前のバージョンのインストールパッケージに対しては有効にできなくなりました。たとえば、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
のバージョン 14.2 で、バージョン 14.0.1 のクライアントパッケージを作成および配備した場合、そのパッケージに対してはサードパーティ製セキュリティソフトウェアの削除機能を有効にできません。
14 以降では、Windows のコントロールパネルなどの一般的な方法でアンインストールできない
Symantec Endpoint Protection
の既存のインストールを削除することもできます。この機能は、クライアントのインストール設定の別個のオプションとして表示されます。
次の手順で作成したパッケージのみが既存のセキュリティソフトウェアを削除できます。
  1. 既存のセキュリティソフトウェアをアンインストールするためにクライアントパッケージを設定するには、コンソールの
    [管理]
    ページで、
    [インストールパッケージ]
    をクリックして
    [クライアントインストールの設定]
    をクリックします。
  2. [タスク]
    で、
    [クライアントインストール設定の追加]
    をクリックします。
    カスタムのクライアントインストール設定を以前に作成している場合は、
    [タスク]
    [クライアントインストールの設定の編集]
    をクリックして、設定を修正できます。既存のカスタム設定を修正しても、以前にエクスポートされたインストールパッケージは修正されません。
  3. [基本設定]
    タブで、次のいずれかのオプションをクリックします。
    • 既存のサードパーティ製セキュリティソフトウェアを自動的にアンインストールする
    • Symantec Endpoint Protection クライアントの壊れたバージョンを削除するには、
      [アンインストールできない既存の Symantec Endpoint Protection クライアントソフトウェアを削除する]
      を使います (14)
  4. 選択したオプションについての情報を読んで、
    [OK]
    をクリックします。
    この設定の他のオプションを修正することもできます。
    [ヘルプ]
    をクリックして、これらのオプションに関する情報を参照してください。
  5. [OK]
    をクリックして、設定を保存します。
  6. 既存のセキュリティソフトウェアをアンインストールするためにクライアントパッケージを配備するには、コンソールで
    [ホーム]
    ページから
    [クライアント配備ウィザード]
    を起動します。
    [ヘルプ]、[始めましょう]ページ
    をクリックして
    [必須タスク]
    [コンピュータにクライアントソフトウェアをインストールします。]
    をクリックします。
  7. クライアント配備ウィザード
    [新しいパッケージ配備]
    をクリックして
    [次へ]
    をクリックします。
    以前に作成したインストールパッケージを配備するのに
    [既存のパッケージ配備]
    を使うことができます。ただし、前の手順で説明されているようなカスタムのクライアントインストール設定を使って、これらのパッケージをエクスポートしておく必要があります。
  8. [グループとインストール機能セットの選択]
    で、Windows のインストールパッケージを選択します。
    [インストールの設定]
    ドロップダウンリストで、前の手順で作成または修正したカスタムのクライアントインストール設定を選択します。
    [次へ]
    をクリックします。
  9. 使う配備方法をクリックし、
    [次へ]
    をクリックして選択した配備方法を続行して完了します。