クライアントインストールパッケージのエクスポート

[クライアント配備ウィザード]
[パッケージの保存]
を使った場合に利用できないオプションが必要な場合は、クライアントインストールパッケージをエクスポートすると便利です。たとえば、カスタムポリシーで管理外クライアントを作成する必要がある場合もあります。また、Windows の 32 ビットまたは 64 ビットのインストールパッケージのみが必要な場合や、Linux の
DPKG
または
RPM
のインストールパッケージが必要な場合もあります。
クライアントインストールパッケージをエクスポートしたら配備します。
クライアント配備ウィザード
[リモートプッシュ]
で、エクスポートした Windows パッケージや Mac パッケージを配備できます。または、クライアントにエクスポートしたパッケージを直接インストールしたり、サードパーティプログラムを使って配備したりできます。
管理下クライアントや管理外クライアントのインストールパッケージを作成できます。両方の種類のパッケージに、割り当てられた機能、ポリシー、設定があります。管理下クライアント用に作成したパッケージは、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
コンソールで管理することができます。管理外クライアント用に作成したパッケージは、コンソールでは管理できません。
クライアント配備ウィザード
[通信の更新パッケージの配備]
を使って、管理外の Windows クライアントや Mac クライアントを管理下クライアントにいつでも変換できます。
リモートコンソールからクライアントインストールパッケージをエクスポートする場合、パッケージはリモートコンソールを実行しているコンピュータ上に作成されます。さらに、複数のドメインを使う場合は各ドメインにパッケージをエクスポートする必要があります。そうしないとクライアントが正しいドメイングループに表示されません。
  1. クライアント インストール パッケージをエクスポートするには
  2. コンソールで、
    [管理]
    [インストールパッケージ]
    の順にクリックします。
  3. [インストールパッケージ]
    で、
    [クライアントインストールパッケージ]
    をクリックします。
  4. [クライアントインストールパッケージ]
    ペインの
    [パッケージ名]
    で、エクスポートするパッケージを右クリックして
    [エクスポート]
    をクリックします。
  5. [参照]
    をクリックしてエクスポート済みパッケージが含まれるフォルダにナビゲートして選択し、
    [OK]
    をクリックします。
    パッケージのエクスポート
    は、2 バイト文字または Hi-ASCII 文字を含むディレクトリをサポートせず、その選択はブロックされます。
  6. インストール目的に応じて他のオプションを設定します。オプションは、エクスポートするインストールパッケージの種類やプラットフォームに応じて異なります。
    このダイアログボックスのエクスポートオプションについて詳しくは、
    [ヘルプ]
    をクリックしてください。
  7. [OK]
    をクリックします。