サーバー証明書のバックアップ

管理サーバーがインストールされたコンピュータが壊れた場合に備え、専用キーと証明書をバックアップしてください。
JKS キーストアファイルは、初回のインストール時にバックアップされます。
server_
timestamp
.xml
という名前のファイルもバックアップされます。JKS キーストアファイルには、サーバーの専用キーと公開キーのペアおよび自己署名の証明書が格納されています。
  1. サーバー証明書をバックアップするには
  2. コンソールで、
    [管理]
    をクリックし、
    [サーバー]
    をクリックします。
  3. [サーバー]
    の下で、サーバー証明書のバックアップを作成する管理サーバーをクリックします。
  4. [タスク]
    の下で
    [サーバー証明書の管理]
    をクリックし、
    [次へ]
    をクリックします。
  5. [サーバー証明書の管理]
    パネルで、
    [サーバー証明書のバックアップを作成する]
    をクリックしてから
    [次へ]
    をクリックします。
  6. [サーバー証明書のバックアップを作成]
    パネルで、
    [参照]
    をクリックしてバックアップフォルダを指定してから
    [次へ]
    をクリックします。
    管理サーバーの証明書は同じフォルダにバックアップされます。
  7. [サーバー証明書のバックアップを作成]
    パネルで、
    [次へ]
    をクリックします。
  8. [完了]
    をクリックします。