新しいサーバー証明書の生成

サーバーの IP アドレスまたはホスト名が変更された場合や、秘密鍵が危殆化した場合は、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
の新しいサーバー証明書を生成します。
デフォルトでは、クライアント/サーバー通信にはサーバー証明書の検証が必要です。新しいサーバー証明書を生成した場合、この検証に失敗し、通信が中断します。この手順を開始する前に、証明書のアップデートのベストプラクティスを確認してください。
  1. 新しいサーバー証明書を生成するには
  2. コンソールで、
    [管理]
    をクリックし、
    [サーバー]
    をクリックします。
  3. [サーバー]
    の下で、管理サーバーをクリックします。
  4. [タスク]
    の下で
    [サーバー証明書の管理]
    をクリックし、
    [次へ]
    をクリックします。
  5. [サーバー証明書の管理]
    パネルで、
    [新しいサーバー証明書を生成する]
    をクリックします。
    [新しいキーの生成]
    にチェックマークが付けられていることを確認してから、
    [次へ]
    をクリックします。
    [新しいキーの生成]
    では、新しいキーペア(公開キーと秘密鍵)を使用して証明書を新規作成します。このオプションのチェックマークをはずすと、新しい証明書で以前と同じキーペアが使用されます。その場合、キーペアが危殆化したときに、
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    サーバーのセキュリティプロファイルが低下します。
  6. [はい]
    をクリックし、
    [次へ]
    をクリックします。
  7. 新しい証明書を使うには次のサービスを再起動する必要があります。
    • つの Symantec Endpoint Protection Manager
      サービス
    • つの Symantec Endpoint Protection Manager
      Webserver サービス
    • つの Symantec Endpoint Protection Manager
      API サービス
      (14 の時点)
つの Symantec Endpoint Protection Manager
に次回ログオンしたときに、新しい証明書を信頼するように求められます。