負荷分散のための管理サーバーリストの設定

デフォルトでは、管理サーバーにはフェールオーバーと負荷分散に対して設定されたときと同じ優先度が割り当てられます。インストールの後にデフォルトプライオリティを変更する場合は、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
コンソールを使って行うことができます。サイトが複数の管理サーバーを含んでいるときのみ負荷分散を設定できます。
負荷分散は、管理サーバーリストで優先度 1 に割り当てられているサーバー間で発生します。複数のサーバーが優先度 1 に割り当てられている場合、クライアントはいずれかのサーバーをランダムに選択して通信を確立します。優先度 1 のすべてのサーバーで障害が発生した場合、クライアントは優先度 2 に割り当てられているサーバーと通信します。
負荷分散とローミングの両方を提供するには
  • DNS を有効にし、カスタム管理サーバーリストに唯一のエントリとしてドメイン名を入力します。
  • Symantec Endpoint Protection
    ネットワーク検出機能を有効にし、各場所のカスタム管理サーバーリストを使います。それぞれのサイトに対して少なくとも 1 つの場所を作成します。
  • フェールオーバーまたは負荷分散を備えたハードウェアデバイスを使います。これらのデバイスの多くは、ローミングのセットアップも用意しています。
  1. 負荷分散のために管理サーバーリストを設定するには
  2. コンソールで、
    [ポリシー]
    をクリックします。
  3. [ポリシーコンポーネント]
    を展開し、
    [管理サーバーリスト]
    をクリックします。
  4. [タスク]
    で、
    [管理サーバーリストの追加]
    をクリックします。
  5. [管理サーバーリスト]
    ダイアログボックスで、
    [追加]、[新しいサーバー]
    の順にクリックします。
  6. [管理サーバーの追加]
    ダイアログボックスの
    [サーバーアドレス]
    フィールドに、管理サーバーの完全修飾ドメイン名または IP アドレスを入力します。
    IP アドレスを入力する場合は、それが静的であることと、すべてのクライアントがそれを解決できることを確認します。
  7. [OK]
    をクリックします。
  8. 他のサーバーをすべて追加します。
  9. 別の管理サーバーとの負荷分散を設定する場合は、
    [追加]、[新しい優先度]
    の順にクリックします。
  10. 負荷分散に対するサーバーの優先度を変更するには、サーバーを選択し、
    [上に移動]
    または
    [下に移動]
    をクリックします。
  11. [OK]
    をクリックします。
    その後、グループに管理サーバーリストを適用する必要があります。