フェールオーバーまたは負荷分散に使う管理サーバーのインストール

クライアントが Symantec Endpoint Protection Manager と通信できない場合に通信を維持するには、フェールオーバー設定を使います。クライアント管理を複数の管理サーバー間で分散するには、負荷分散を使います。フェールオーバーと負荷分散を設定するには、管理サーバーのリストで管理サーバーに優先度を割り当てます。
フェールオーバーと負荷分散のインストールがサポートされるのは元の
つの Symantec Endpoint Protection Manager
で Microsoft SQL Server データベースが使用されるときだけです。SQL Server Native Client ファイルはフェールオーバーまたは負荷分散に使用するコンピュータにもインストールする必要があります。
  1. フェールオーバーまたは負荷分散に使う管理サーバーをインストールするには
  2. Symantec Endpoint Protection Manager をインストールします。次のサイトを参照してください。
  3. [管理サーバー設定ウィザード]
    パネルで、
    [カスタム設定]
    にチェックマークを付け、
    [次へ]
    をクリックします。次のサイトを参照してください。
  4. このサーバーで管理するクライアント数を選択し、
    [次へ]
    をクリックします。
  5. [既存のサイトに追加の管理サーバーをインストールする]
    にチェックマークを付け、
    [次へ]
    をクリックします。
  6. [サーバー情報]パネルで、デフォルト値を受け入れるか変更してから、
    [次へ]
    をクリックします。
  7. [Microsoft SQL Server 情報]
    ダイアログボックスに表示される SQL Server クライアントツールのインストールに関するメッセージで
    [OK]
    をクリックします。
  8. 次のテキストボックスにリモートサーバーの値を入力します。
    [ステップ 1]
    では、ホスト名、インスタンス名、ポートなど、ネットワーク上で SQL Server を見つける場所を
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    に示します。
    Windows 認証や SQL 認証などの認証の種類も選択します。
    • データベースサーバー
      \
      インスタンス名
      SQL Server ポート
      データベース名
      SQL Client フォルダ
      (ローカルコンピュータ上)
      このテキストボックスに自動的に正しいパスが表示されない場合は、Microsoft SQL Client ユーティリティをインストールしていないか正しくインストールしていません。
  9. [ステップ 2]
    では、
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    に SQL Server の認証方法を示し、データベース名、データベースユーザー、データベースユーザーのパスワードなどを入力します。
    該当のサイトに初めて管理サーバーをインストールしたときにこの情報をすでに利用できたはずです。
  10. [次へ]
    をクリックします。
  11. Symantec Endpoint Protection Manager の admin アカウントのパスワードを指定して確定します。
    オプションで、管理者の電子メールアドレスを入力します。
  12. [次へ]
    をクリックします。
  13. 警告のメッセージを読んで
    [OK]
    をクリックします。
  14. [管理サーバーの完了]
    パネルで、
    [完了]
    をクリックします。次のサイトを参照してください。