複製の頻度とコンテンツの変更

デフォルトでは、2 番目のサイトと管理サーバーをインストールした後に、複製を自動実行するようにスケジュールされています。2 番目の管理サーバーのインストールの一部として、デフォルトのスケジュールに従って複製が実行されます。しかし、複製にかかる時間によっては、頻度の変更が必要な場合もあります。頻度はローカルサイトと新規サイトのどちらでも変更できますが、シマンテック社は、最初に新規サイトで複製を設定することを推奨します。次回の 2 つのサイトの複製で、両方のスケジュールが同じになります。ID 番号が小さいサイトにより、スケジュール設定された複製が開始されます。どちらのサイトを新しい複製パートナーとして設定しても、新しいサイトが参照するローカルサイトのデータベースによってデータベースが上書きされます。
両方のサイトで自動的にグループとポリシーを共有します。利用可能なディスク容量に基づいて、ログ、クライアントインストールパッケージ、LiveUpdate コンテンツを複製するかどうかを選択できます。
複製にかかる時間は、データベースのサイズやサイト間のネットワーク接続によって異なります。最初に、複製サイクルをテストしてどのくらい時間がかかるかを確認します。その時間に基づいて複製をスケジュール設定し、管理サーバーがデータを複製する日時が重複しないようにします。クライアントパッケージと LiveUpdate コンテンツは両方とも大量のデータを含む可能性があります。クライアントパッケージのデータは 5 GB にもなることがあります。クライアントインストールパッケージには、500 MB 程度のディスク容量が必要です。ログの複製を計画する場合、すべての複製パートナーサーバーに、ログを追加するのに十分なディスク容量があることを確認してください。
ポリシー、クライアント、グループのみを複製し、ログを複製しない場合は、最初の完全なデータベースの複製以降、複製の量が小さくなります。複製の頻度とコンテンツに基づいて、管理サーバーに複製用の十分なディスク容量があることを確認します。
複製の頻度とスケジュールを変更するには
  1. コンソールで、
    [管理]
    >
    [サーバー]
    の順に選択します。
  2. [サーバー]
    >
    [ローカルサイト]
    で、
    [複製パートナー]
    を展開し、複製するサイトを選択します。
  3. [タスク]
    で、
    [複製パートナープロパティの編集]
    をクリックします。
  4. 複製するコンテンツを選択します。
  5. スケジュールを変更するには、次のタスクのいずれかを実行します。
    • 管理サーバーがいつデータを複製するかを選択できるようにするには、
      [自動複製]
      にチェックマークを付けます。
      このオプションにより、2 つのサイト間の自動複製が約 2 時間ごとに頻繁に行われます。
    • カスタムスケジュールを設定するには、
      [スケジュールによって複製]
      を設定します。
  6. [OK]
    をクリックします。