クイックレポートの実行とカスタマイズ

クイックレポートは事前定義済みのカスタマイズ可能なレポートです。これらのレポートは管理サーバーと通信するクライアントコンピュータと管理サーバーから収集されるイベントデータを含んでいます。クイックレポートはレポートのために設定するオプションに特定のイベントの情報を提供します。レポート設定を保存して同じレポートを後で実行したり、レポートを印刷または保存できます。
クイックレポートは静的で、レポートのために指定する時間枠に特定の情報を提供します。また、ログを使ってリアルタイムのイベントを監視できます。
  1. クイック レポートを実行およびカスタマイズする方法
  2. オプション 1:
    クイックレポートを実行するには、コンソールで
    [レポート]
    をクリックします。
  3. [クイックレポート]
    タブの
    [レポートの種類]
    リストボックスで、実行するレポートの種類を選択します。
  4. [レポートの選択]
    リストボックスでは、実行するレポートの名前を選択します。
  5. [レポートの作成]
    をクリックします。
  6. オプション 2:
    クイックレポートをカスタマイズするには、コンソールで
    [レポート]
    をクリックします。
  7. [クイックレポート]
    タブの
    [レポートの種類]
    リストボックスで、カスタマイズするレポートの種類を選択します。
  8. [レポートの選択]
    リストボックスでは、カスタマイズするレポートの名前を選択します。
    [ネットワークコンプライアンス状態]
    レポートと
    [コンプライアンス状態]
    レポートについては、
    [ステータス]
    リストボックスで、使いたい保存されたフィルタ設定を選択するか、デフォルトのフィルタのままにします。
    [上位のリスク検出相関関係]
    レポートについては、
    [X 軸]
    [Y 軸]
    のリストボックスの値を選択してレポートの表示方法を指定できます。
    [スキャン統計ヒストグラム]
    レポートについては、
    [ビンの範囲]
    [ビンの数]
    の値を選択できます。
    一部のレポートについては、
    [グループ]
    リストボックスでレポート結果を分ける方法を指定できます。他のレポートについては、
    [対象]
    フィールドでレポート結果をフィルタ処理する対象を選択できます。
  9. [保存したフィルタを使う]
    リストボックスで、保存したフィルタ設定を選択するか、デフォルトのフィルタのままにします。
  10. [適用したいフィルタ設定は?]
    [時間範囲]
    リストボックスで、レポートの時間範囲を選択します。
  11. [特定日を設定する]
    を選択する場合は、
    [開始日]
    [終了日]
    のリストボックスを使います。これらのオプションは、情報を表示する時間間隔を設定します。
    コンピュータの状態レポートを生成して
    [特定日を設定する]
    を選択するとき、日時のフィールドで指定する時間以降にサーバーでチェックインされなかったコンピュータが関係するすべてのエントリを表示するように指定します。
  12. レポートの追加設定をする場合は、
    [追加設定]
    をクリックして、必要なオプションを設定します。
    [詳しい説明を表示]
    をクリックすると状況感知型ヘルプでフィルタオプションの説明を参照できます。
    フィルタオプションのテキストボックスは、ワイルドカード文字を使って一致するものを検索でき、大文字小文字は区別しません。ワイルドカード文字として使用できるのは、ASCII のアスタリスク文字だけです。
    このレポートを後で再実行する場合は、レポート設定を保存できます。
  13. [レポートの作成]
    をクリックします。