管理者通知の設定

特定の種類のイベントが行われるときに、自身および他の管理者に警告するように通知を設定できます。また、重要なタスクを実行するように注意を促すための通知をトリガする条件も追加できます。たとえば、ライセンスが期限切れになったり、セキュリティリスクが検出されたときに知らせる通知条件を追加できます。
トリガされた通知は、次のような特定の処理を実行できます。
  • データベースに通知をログ記録する
  • 1 人以上の個人に電子メールを送信する
  • バッチファイルを実行する
電子メール通知を送信するには、管理サーバーと通信するようにメールサーバーを設定する必要があります。
利用可能な通知の種類のリストから通知条件を選択します。
通知の種類を選択した後、次のように設定します。
  • フィルタを指定します。
    すべての種類の通知でフィルタが用意されているわけではありません。フィルタが用意されている場合は、そのフィルタを使って通知をトリガする条件を限定できます。たとえば、特定のグループのコンピュータが影響される場合にのみトリガするように、通知を制限できます。
  • 設定を指定します。
    すべての種類の通知で設定が用意されていますが、具体的な設定は種類ごとに異なります。たとえば、リスクの通知では、通知をトリガするスキャンの種類を指定できます。
  • 処理を指定します。
    すべての種類の通知で、指定できる処理が用意されています。
重要なイベントの通知について、
[ダンパー]
期間を
[なし]
に設定した場合は、クライアントが重要なイベントを即座にアップロードすることを確認します。関連通知には、
クライアントセキュリティ警告
単一リスクイベント
新しいリスクを検出しました
リスクアウトブレーク
が含まれます。
[重要なイベントをすぐにクライアントにアップロードさせる]
オプションはデフォルトで有効で、
[通知の設定]
ダイアログボックスで設定されています。
  1. 管理者通知を設定するには
  2. コンソールで、
    [監視]
    をクリックします。
  3. [監視]
    ページの
    [通知]
    タブで、
    [通知条件]
    をクリックします。
  4. [通知]
    タブで、
    [追加]
    をクリックして、通知の種類をクリックします。
  5. [通知条件の追加]
    ダイアログボックスで、次の情報を入力します。
    • [通知名]
      テキストボックスで、通知条件に付ける名前を入力します。
    • [適用したいフィルタ設定は?]
      が表示されている場合、この下で通知条件のフィルタ設定を指定します。
    • [この通知に適用したい設定は?]
      の下で、通知をトリガする条件を指定します。
    • [この通知がトリガされたときに実行したい処理は?]
      の下で、通知がトリガされるときに行われる処理を指定します。
  6. [OK]
    をクリックします。