外部ログ記録用フェールオーバーサーバーの設定

Symantec Endpoint Protection Manager は、syslog サーバーにログを転送するマスターログ記録サーバーとして機能します。14.3 以降、2 番目の管理サーバーを設定して、プライマリサーバーのフェールオーバーサーバーとして動作させることができます。プライマリ管理サーバーがオフラインになった場合、2 番目の管理サーバーが引き継ぎ、ログを syslog サーバーに転送します。プライマリ管理サーバーがオンラインに復帰すると、ログの転送を再開します。
外部ログ記録用フェールオーバーサーバーの設定方法
  1. コンソールで、
    [管理]
    >
    [サーバー]
    をクリックして、サイトを選択し、
    [外部ログ記録の設定]
    をクリックします。
  2. [全般]
    タブの、
    [マスターログ記録サーバー]
    ドロップダウンリストで、ログを送信するプライマリ管理サーバーを選択します。
    プライマリサーバーがダウンした場合、リスト内の次の管理サーバーが引き継ぎます。管理サーバーは、
    [管理]
    >
    [サーバー]
    >
    [サイトプロパティの編集]
    >
    [全般]
    タブのレポート記録用サーバー優先度リストに表示されます。 
  3. [OK]
    をクリックします。
詳しい情報