ログデータの Syslog サーバーへのエクスポート

データベースの領域を増やすには、管理サーバーでログデータを Syslog サーバーに送信するように設定できます。
ログデータを Syslog サーバーにエクスポートする場合、ログを受信するように Syslog サーバーを設定する必要があります。
  1. ログデータを Syslog サーバーにエクスポートするには
  2. コンソールで、
    [管理]
    をクリックします。
  3. [サーバー]
    をクリックします。
  4. ログデータのエクスポート元となるローカルサイトまたはリモートサイトをクリックします。
  5. [外部ログ記録の設定]
    をクリックします。
  6. [全般]
    タブの
    [更新頻度]
    リストボックスで、ログデータをファイルに送信する頻度を選択します。
  7. [マスターログ記録サーバー]
    リストボックスで、ログを送信する管理サーバーを選択します。
    SQL Server を使い、複数の管理サーバーをデータベースに接続する場合は、1 台のサーバーのみをマスターログ記録サーバーとして指定します。
  8. [Syslog サーバーへのログの送信を有効にする]
    にチェックマークを付けます。
  9. 次の情報が表示されます。
    • Syslog サーバー
      ログデータを受信する Syslog サーバーの IP アドレスまたはドメイン名を入力します。
    • 送信先ポート
      使うプロトコルを選択し、Syslog サーバーが Syslog メッセージの応答準備に使う送信先ポートを指定します。
    • ログ機能
      Syslog 設定ファイルで使うログ機能の数を入力するか、デフォルトを使います。有効な値は 0 から 23 です。
  10. [ログフィルタ]
    タブで、エクスポートするログにチェックマークを付けます。
  11. [OK]
    をクリックします。