デバイス制御の管理

デバイス制御は、クライアントコンピュータでどのハードウェアデバイスを許可し、遮断するかを指定します。デフォルトのハードウェアデバイスのリストと、デバイス制御ポリシーを使ってデバイス制御を管理します。独自に追加することもできます。
デバイス制御の管理
手順
説明
つの Symantec Endpoint Protection Manager
のデフォルトのハードウェアデバイスのリストを確認する
デフォルトでは、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
にはハードウェアデバイスのリストが含まれています。リストは
つの Symantec Endpoint Protection Manager
で、
[ポリシーコンポーネント]
[ポリシー]
タブに表示されます。このリストを使って、クライアントコンピュータ上で制御するデバイスを選択します。
リストに含まれていないデバイスを制御したい場合は、最初にデバイスを追加する必要があります。
ハードウェアデバイスのリストにデバイスを追加する(必要な場合)
デバイスリストにデバイスを追加するときには、デバイスのクラス ID またはデバイス ID が必要です。
Mac 用にカスタマイズしたデバイスを追加することはできません。使用できるのは提供されているデバイスの種類のみです。
デバイス制御ポリシーのデバイスの許可または遮断
クライアントでアクセスされることを許可または遮断するデバイスを指定します。
Mac クライアントの場合には、デバイス制御は SymDaemon サービスに含まれます。デバイス制御を機能させるために、Windows クライアントまたは Mac クライアントを再起動する必要はありません。