クライアントコンピュータのデバイスの許可または遮断

デバイス制御を設定するには、アプリケーションとデバイス制御ポリシーを使います。開始する前に、必要なデバイスを
ハードウェアデバイス
リストに追加します。次のサイトを参照してください。
14 では、Windows と Mac の両方のデバイス制御を設定できます。
  1. クライアント コンピュータのデバイスを許可または遮断する方法
  2. オプション 1:
    Windows クライアントのデバイス制御を設定するには、コンソールで[アプリケーションとデバイス制御]ポリシーを開きます。
  3. [デバイス制御]
    をクリックします。
  4. [遮断するデバイス]
    [追加]
    をクリックします。
  5. [デバイス選択]
    ウィンドウで、1 つ以上のデバイスを選択します。必要に応じて、特定のポートを遮断してデバイスを除外しているかどうかを確認します。
    通常は、キーボードを遮断しないでください。
  6. [OK]
    をクリックします。
  7. [遮断から除外するデバイス]
    [追加]
    をクリックします。
  8. [デバイス選択]
    ウィンドウで、1 つ以上のデバイスを選択します。
  9. ユーザーに通知する場合は、
    [デバイスを遮断したときにユーザーに通知する]
    にチェックマークを付けます。
  10. [OK]
    をクリックします。
  11. オプション 2:
    Mac クライアントのデバイス制御を設定するには (14 現在)、コンソールで[アプリケーションとデバイス制御]ポリシーを開きます。
  12. [Mac の設定]
    で、
    [デバイス制御]
    をクリックします。
  13. [遮断するデバイス]
    [追加]
    をクリックします。
  14. [デバイス選択]
    ウィンドウで、リストからデバイスを選択します。一度に追加できるデバイスは 1 つだけです。
    ウィンドウの下部のフィールドが利用可能な場合は、それに記入します。フィールドを空白のままにすると、この種類のすべてのデバイスが遮断されます。
    デバイスの製造元、デバイスモデル、またはシリアル番号を定義するために正規表現を使うこともできます。詳しくは、
    [Mac のデバイス制御]
    ウィンドウのヘルプを参照してください。
    Mac に接続したデバイスのシリアル番号、モデル番号、製造元の名前を入手するには、インストールファイルから DeviceInfo ツールを使います。このツールとその操作手順は
    Tools/DeviceInfo
    にあります。
  15. [OK]
    をクリックします。
  16. [遮断から除外するデバイス]
    [追加]
    をクリックします。
  17. [デバイス選択]
    ウィンドウで、リストからのデバイスを選択し、除外されたデバイスを定義し、
    [OK]
    をクリックします。
  18. ユーザーに通知する場合は、
    [デバイスを遮断したときにユーザーに通知する]
    にチェックマークを付けます。
  19. [OK]
    をクリックします。