Windows コンピュータで実行されるクライアントに対する管理者定義のスキャンのカスタマイズ

Windows コンピュータで実行されるクライアントに対する定時スキャンまたはオンデマンドスキャンをカスタマイズすることができます。圧縮ファイルのスキャンのオプションを設定し、コンピュータのスキャンやスキャンパフォーマンスを最適化できます。
  1. Windows コンピュータで実行されるクライアントに対する管理者定義のスキャンをカスタマイズするには
  2. コンソールで、ウイルスとスパイウェアの対策ポリシーを開きます。
  3. [Windows の設定]
    で、
    [管理者定義のスキャン]
    をクリックします。
  4. 次のいずれかの処理を実行します。
    • [定時スキャン]
      で、カスタマイズする定時スキャンを選択するか、新しい定時スキャンを作成します。
    • [管理者オンデマンドスキャン]
      で、
      [編集]
      をクリックします。
  5. [スキャンの詳細]
    タブで、
    [スキャンの拡張オプション]
    を選択します。
    • [圧縮ファイル]
      タブで、圧縮ファイルをスキャンするレベルの数を減らすことができます。レベルの数を減らすと、クライアントコンピュータのパフォーマンスが向上することがあります。
    • [調整]
      タブで、クライアントコンピュータまたはスキャンにとって最適なパフォーマンスが得られるように調整のレベルを変更します。
    [OK]
    をクリックして変更を保存します。
  6. 定時スキャンの場合のみ、
    [スケジュール]
    タブで、次のいずれかのオプションを設定します。
    • スキャン期間
      スキャンが一時停止し、クライアントコンピュータがアイドル状態になるまで待機するまで、どれだけの期間スキャンを実行するかを設定できます。また、スキャンの開始時間をランダム化できます。
    • 未実行の定時スキャン
      未実行のスキャンのために再試行の間隔を指定できます。
  7. [処理]
    タブで、任意の検出処理を変更します。次のサイトを参照してください。
  8. [通知]
    タブで、スキャンが検出を行ったときにクライアントコンピュータに表示される通知を有効または無効にします。次のサイトを参照してください。
  9. [OK]
    をクリックします。