Mac クライアントの Auto-Protect のカスタマイズ

Mac コンピュータで実行されるクライアントの Auto-Protect 設定をカスタマイズできます。
  1. Mac クライアントの Auto-Protect をカスタマイズするには
  2. コンソールで、ウイルスとスパイウェアの対策ポリシーを開きます。
  3. [Mac の設定]
    の下の
    [保護技術]
    で、
    [Auto-Protect と SONAR]
    をクリックします。
  4. [スキャンの詳細]
    タブの一番上にあるロックアイコンをクリックし、すべての設定をロックまたはロック解除します。
  5. 次のいずれかのオプションのチェックマークを付けるかはずします。
    • Auto-Protect を有効にする
    • 感染ファイルを自動的に修復する
    • 修復できないファイルを検疫する
    • 圧縮ファイルをスキャン
  6. [一般スキャンの詳細]
    で、Auto-Protect がスキャンするファイルを指定します。
    スキャンからファイルを除外するには、
    [指定したフォルダを除くすべての場所をスキャンする]
    を選択してから例外ポリシーを追加し、除外するファイルを指定します。
  7. [マウント済みディスクのスキャンの詳細]
    で、利用可能なオプションのチェックマークを付けるかはずします。
  8. [疑わしい動作の検出]
    で、
    [疑わしい動作の検出を有効にする]
    のチェックマークをつけるか外します。
    このオプションは、バージョン 14.3 RU1 以降で利用可能です。
  9. [通知]
    タブで、いずれかの通知オプションを設定してから
    [OK]
    をクリックします。