ダウンロードインサイトの設定のカスタマイズ

クライアントコンピュータでの誤認検出を減らすため、ダウンロードインサイトの設定をカスタマイズしたいことがあります。悪質なファイルを特徴付けるために使われるファイル評価データに対するダウンロードインサイトの感度を変更できます。ダウンロードインサイトが検出を行った場合にクライアントコンピュータに表示する通知も変更できます。
  1. ダウンロードインサイトの設定をカスタマイズするには
  2. コンソールで、[ウイルスとスパイウェアの対策ポリシー]を開き、
    [ダウンロード保護]
    を選択します。
  3. [ダウンロードインサイト]
    タブで、
    [ダウンロードインサイトのファイル評価に基づく潜在的リスク検出を有効にする]
    にチェックマークが付いていることを確認します。
    Auto-Protect が無効になっている場合、ダウンロードインサイトが有効になっていてもダウンロードインサイトは動作できません。
  4. 悪質なファイルの感度スライダーを適切なレベルまで移動します。
    レベルを高く設定すると、より多くのファイルを悪質だと検出し、より少ないファイルを未確認として検出します。しかし、高い設定であるほど、より多くの誤認が返されます。
  5. 選択 次のオプションにチェックマークを付けると、未確認ファイルを調べるための追加条件として使います。
    • x
      人以下のユーザーによるファイル]
    • [ユーザーにレポートされてから
      x
      日以内のファイル]
    未確認ファイルがこれらの基準を満たすと、ダウンロードインサイトはファイルが悪質であると検出します。
  6. [信頼できるインターネットサイトまたはイントラネットサイトからダウンロードしたファイルを自動的に信頼する]
    にチェックマークが付いていることを確認します。
  7. [処理]
    タブの
    [悪質なファイル]
    で、第 1 の処理と第 2 の処理を指定します。
  8. [未確認ファイル]
    で処理を指定します。
  9. [通知]
    タブで、ダウンロードインサイトが検出を行ったときにクライアントコンピュータにメッセージを表示するかどうかを指定します。
    ダウンロードインサイトが検出したファイルをユーザーが許可すると表示される警告メッセージのテキストをカスタマイズすることもできます。
  10. [OK]
    をクリックします。