Linux コンピュータでのログ処理設定の修正

それぞれのウイルスとスパイウェアの対策ポリシーには、Linux クライアントコンピュータで実行するすべてのウイルススキャンとスパイウェアスキャンに適用されるログ処理設定が含まれています。
14.3 RU1 以降では、Linux クライアントでログ処理の設定を変更することは推奨されていません。
  1. Linux コンピュータのログ処理設定を修正するには
  2. コンソールで、ウイルスとスパイウェアの対策ポリシーを開きます。
  3. [Linux の設定]
    で、
    [その他]
    をクリックします。
  4. [ログの処理]
    タブで、イベントフィルタ、ログの保有、ログの集計のオプションを設定します。