Windows クライアントのアプリケーションの例外を作成するためのアプリケーションの監視

Symantec Endpoint Protection
で監視対象アプリケーションが学習されると、そのアプリケーションは
[アプリケーション例外]
ダイアログに表示されます。例外ポリシーで、アプリケーション用の例外処理を作成できます。アプリケーションは、関連するログにも表示され、ログから例外を作成できます。
アプリケーションの学習を無効にした場合、[監視するアプリケーション]の例外は、指定したアプリケーションのアプリケーション学習を強制します。
  1. Windows クライアントのアプリケーションの例外を作成するためにアプリケーションを監視するには
  2. [例外ポリシー]
    ページで、
    [例外]
    をクリックします。
  3. [追加]、[Windows の例外]、[監視するアプリケーション]
    の順にクリックします。
  4. ダイアログボックスで、アプリケーション名を入力します。
    たとえば、実行可能ファイルの名前を次のように入力します。
    foo.exe
  5. [追加]
    をクリックします。
  6. [OK]
    をクリックします。