Symantec Endpoint Protection
が Windows クライアントの監視対象アプリケーションを処理する方法を指定する

特定のアプリケーションを監視して、
Symantec Endpoint Protection
でアプリケーションがどのように処理されるかを指定するための例外を作成できます。
Symantec Endpoint Protection
がアプリケーションを学習し、管理コンソールがイベントを受信すると、
[アプリケーション例外]
ダイアログボックスのアプリケーションリストにそのアプリケーションが表示されます。ネットワーク内のクライアントコンピュータがまだアプリケーションを学習していない場合は空のアプリケーションリストが表示されます。
アプリケーションリストには、監視対象のアプリケーションとユーザーがダウンロードするファイルが含まれています。
Symantec Endpoint Protection
は、
Symantec Endpoint Protection
がアプリケーションを検出した場合、またはアプリケーションが実行されている場合に、処理を適用します。
アプリケーションは、
[DNS またはホストファイルの変更例外]
のリストにも表示されます。
  1. Symantec Endpoint Protection
    による Windows クライアントの監視対象アプリケーションの処理を指定する方法
  2. [例外ポリシー]
    ページで、
    [例外]
    をクリックします。
  3. [追加]、[Windows の例外]、[アプリケーション]
    の順にクリックします。
  4. [表示]
    ドロップダウンボックスで、
    [すべて]
    [監視したアプリケーション]
    [ユーザー許可アプリケーション]
    のいずれかを選択します。
  5. 例外を作成するアプリケーションを選択します。
  6. [処理]
    ドロップダウンボックスで、
    [無視]
    [ログのみ]
    [検疫]
    [終了]
    [削除]
    のいずれかを選択します。
    [無視]
    [ログのみ]
    の処理は、スキャンでアプリケーションが不良または悪質として検出されたときに適用されます。
    [終了]
    [検疫]
    [削除]
    の処理は、アプリケーションが起動したときに適用されます。
  7. [OK]
    をクリックします。